素材選択の大切さ

     2016/09/16

notes8
先日来、築50年以上経った住宅の営繕に入っています。
主な作業内容は、シロアリでやられてしまった部分の補修、および外壁の張り替えなのですが・・・

雨がかかってしまうような外回りはどうしても傷みやすく、これだけの年数を経ていればある程度のことは仕方がないのですが、今回、目に付いたのは素材によってその経年変化にだいぶ差があるということ。
notes9
こちらは、補修対象部分の土台。
素材は多分カラマツ。外見からも明らかですが、中をみてみると
こんな具合。
notes10
もう全て交換しなければなりません。

一方、同じ住宅でも、栗を使ってある部分は
このようにほとんど傷みはありません。
notes11

notes12
建築時、ホンの少し余分にかけたか否かで、これだけの違いが出てきてしまうのです。
ひるがえって、自分が手掛けている仕事。
どうしても、その時の予算に合わせ、安易な選択をしてきてはいないだろうか。
それはそれで大事なことなのですが、こういった事例をみると、長いスパンでは、逆転してしまうことは多々あるのだと考えさせられます。

こんな新たな発見のある営繕仕事は、たとえそれが小さなものでも、自分の糧になる貴重な体験なのです。

 -建築について思うことつれづれ

  関連記事

どちらがわかりずらい?

  先日の新聞記事。 確かに学校では習わぬ「尺」単位。 ですが多くの人 …

セルフビルドのすゝめ

私の現場はお施主さん自ら家づくりに従事してもらう(セルフビルド)事が多々あります …

独りよがりではいけない

今、手掛けている工事は近所に住む一人暮らしのおばあちゃんの家の手直し(ムラの中に …

手描きの行く末

「えっいまだに」といわれそうですが、私はまだ手描きで図面をひいています。 CAD …

新建材の行く末

築50年を超える住宅の営繕に入っています。 これくらいの住宅ですと、新築当時その …

結い

友人の大工の建前の応援に、一週間ほど安曇野市豊科まで通っていました。 連日の猛暑 …

数値をとるか感覚をとるか

ここのところの寒波はこの冬一番の冷え込みをもたらしているようです。 我が家の外の …

丸太仕事

木というのは、すべて素直にまっすぐ育っていてくれる訳ではなく、その立地条件によっ …

設計士さんと仕事をするということ

今まで携わってきた新築現場の約2/3は自分以外の方の設計された建物でした。 当然 …

完成見学会雑感

近所で県内でも有数の木造住宅着工件数を誇る会社の住宅完成見学会があり、それに出か …

PAGE TOP