同い年

     2019/05/02

今度の現場はちょうど私と同い年の昭和39~40年頃築造の街中にある店舗。
元々、学校などの理化学教材を主として商う、当時としてはとてもモダンな建物として設計されたであろうことが、そこかしこに散見できます。

今回は店舗として復活させるのではなく、じつは高齢者にとっては案外暮らしやすい街中での生活を充実させるために、居住スペースの改装をメインに据えた施工になる予定。
と、口で言うのは簡単ですがお隣と壁を共有仕合うような街中での作業は私にとって初めての経験。
様々な困難も予想されますが、すべて自分の糧になると言い聞かせてのチャレンジの始まりです。

 -ブログ, 仕事

  関連記事

間に合いました

寒さが本格化する前には・・・とお約束していた水周り(浴室・トイレ・脱衣)のリフォ …

この時期は野山の変化が劇的です

現場の方は外部の大工工事がおわり、内部も床の下張りも完了、これからは鴨居敷居、内 …

南信州ロードレース

  穏やかな師走の入りとなった12/2(日)、今年最後のレースとなる「 …

いよいよ春

気づけばもう弥生3月も9日目。 だいぶ陽射しも柔らかに感じられるようになってきま …

寒中仕事

大寒は過ぎたもののまだまだ寒中。 こんな時に・・・ととっておいた(?)自宅物置の …

なんとか無事に

  伊那市F様邸の建方~屋根まとめが完了しました。 なにしろこの暑さの …

丸太梁墨付け

  丸太梁の墨付けが始まりました。 太鼓に落とした梁ですので、横面に墨を打ってや …

なんとか納まり

取り掛かって1週間。 ほぼ納まりました。 これで2階への上り下りも楽になります。 …

たまには気分転換

予定していた仕事が少し早く片付いたので今朝は普段の早朝ランを少し延長して近所の権 …

木工事始動

    今年中に完成お約束の伊那市Fさん邸の木工事が始まりました。 その地に生え …

PAGE TOP