同い年

     2019/05/02

今度の現場はちょうど私と同い年の昭和39~40年頃築造の街中にある店舗。
元々、学校などの理化学教材を主として商う、当時としてはとてもモダンな建物として設計されたであろうことが、そこかしこに散見できます。

今回は店舗として復活させるのではなく、じつは高齢者にとっては案外暮らしやすい街中での生活を充実させるために、居住スペースの改装をメインに据えた施工になる予定。
と、口で言うのは簡単ですがお隣と壁を共有仕合うような街中での作業は私にとって初めての経験。
様々な困難も予想されますが、すべて自分の糧になると言い聞かせてのチャレンジの始まりです。

 -ブログ, 仕事

  関連記事

木工事始動

    今年中に完成お約束の伊那市Fさん邸の木工事が始まりました。 その地に生え …

作業場リセット

  今日は雨降り。 予定していた外作業がままならないので、数年に一回やるかやらな …

やっぱりお前か

先月、熱暴走の症状が出た我がスマホ(富士通 M02)。 メーカーサービスの言われ …

なかなか程々にとはいかないもので・・・

ここのところ、現場、プランニング、見積と仕事が重なってしまい、一日をいくつにも区 …

クロスオーバーイレブン2017夏

  30年余前、一人暮らしの下宿で聴いていた懐かしのラジオ番組がこの夏も復活して …

助走開始

  設計がまとまり、建築確認申請もおりるメドがほぼつきましたので、次の …

先が見えてからが長いのです

南流山の家、ようやく先が見えてきました。 昨日の台風に備え、足場のネットも取り外 …

大好物

はっきりとしない梅雨空が続くこの時期ですが、小さな時から楽しみにしているものがあ …

続・寒中仕事

自宅脇の物置の移設作業。 当初は、全体をジャッキアップし、徐々に動かしていくつも …

始動

最終的なプランが決まらず、なかなかスタートできなかったリフォーム工事の現場が今週 …

PAGE TOP