同い年

     2019/04/04

今度の現場はちょうど私と同い年の昭和39~40年頃築造の街中にある店舗。
元々、学校などの理化学教材を主として商う、当時としてはとてもモダンな建物として設計されたであろうことが、そこかしこに散見できます。

今回は店舗として復活させるのではなく、じつは高齢者にとっては案外暮らしやすい街中での生活を充実させるために、居住スペースの改装をメインに据えた施工になる予定。
と、口で言うのは簡単ですがお隣と壁を共有仕合うような街中での作業は私にとって初めての経験。
様々な困難も予想されますが、すべて自分の糧になると言い聞かせてのチャレンジの始まりです。

 -その他, ブログ, 仕事

  関連記事

まな板の上のコイ

  伊那市F様邸。 明日から始まる建て方に備え、準備は整いました。 もう何があっ …

建方開始

建方が始まりました。 場所などの制約もあり、今回はクレーンを頼まず、すべて手上げ …

長丁場

建て方開始から1ヶ月。 耐力壁、外廻りのサッシの2/3程が入り、ようやく家らしく …

始動

最終的なプランが決まらず、なかなかスタートできなかったリフォーム工事の現場が今週 …

伊那市F邸

カメラマンに撮っていただいた写真ができあがってきました。 外内壁すべて塗り壁はセ …

あと少し

  昨年の秋口にお話頂いた 伊那市F邸の刻みもいよいよ大詰め。 今週中 …

木工事完成

4月の建前から約5ヶ月。 とりあえず依頼された大工工事は終了しました。 元々、お …

階段刻み

    現場は床を貼り終え内部造作が進んできました。 現在は …

もう少し

  プランニング、打ち合わせ、見積、再度設計変更、打ち合わせ、再見積・・・。 ひ …

最後の仕上げ

4月に建方をした現場。 最後の仕上げの、造り付けカウンターなどの造作を残すのみと …

PAGE TOP