格闘

     2019/05/02

昭和の建物との格闘が始まりました。
今回は木造2階建ての1階部分のみの改修になりますが、床、天井、壁のすべてを剥がし、構造材を全て現し、点検してからの作業になります。
言葉にすれば簡単ですが、実際はこれが大変。
なにしろ50年来のホコリがたまった天井を剥いだ時にはそれがすべて落ちてくるわけです。
一応、マスクやゴーグル装備で作業に当たっていますが、そんなものは気休めに過ぎません。
一日の作業が終わる頃には、若き日に旅したインドの人達と見まごうばかりの風貌です。

 -仕事

  関連記事

やはり・・・

    知り合いの解体屋さんから、浴室をユニットバスに改修す …

木工事始動

    今年中に完成お約束の伊那市Fさん邸の木工事が始まりました。 その地に生え …

急遽の登板

この週末からいよいよ千葉への材料運搬が始まります。 家一軒分の材料、4t車3台  …

作業場リセット

  今日は雨降り。 予定していた外作業がままならないので、数年に一回やるかやらな …

建方開始

建方が始まりました。 場所などの制約もあり、今回はクレーンを頼まず、すべて手上げ …

冬に備えて

  この時期になると、寒さ対策工事の依頼が多くなります。 なかでも窓ま …

明日から始動

  明日からの現場始動にそなえて今晩は毎年恒例の道具の手入れ。 けっし …

まずは命を

  いつかはやってくるであろう大地震にそなえ、行政なども補助金を出し耐 …

先人よりバトンを引継ぐ

築50年を経た建物ながら、施工した大工さんの丁寧な仕事ぶりが目につきます。 継手 …

寒くなる前に・・・

  寒くなる前に・・・と頼まれていた、多分今年最後になるであろう現場が始まりまし …

PAGE TOP