格闘

  

昭和の建物との格闘が始まりました。
今回は木造2階建ての1階部分のみの改修になりますが、床、天井、壁のすべてを剥がし、構造材を全て現し、点検してからの作業になります。
言葉にすれば簡単ですが、実際はこれが大変。
なにしろ50年来のホコリがたまった天井を剥いだ時にはそれがすべて落ちてくるわけです。
一応、マスクやゴーグル装備で作業に当たっていますが、そんなものは気休めに過ぎません。
一日の作業が終わる頃には、若き日に旅したインドの人達と見まごうばかりの風貌です。

 -その他, 仕事

  関連記事

年末はこんなことを・・・

  作業場の屋根が吹き飛ばされた頃、近所の観光施設でこんなことをしていました。 …

仕事は佳境

  千葉・南流山の工事が進んでいます。 墨付け・刻みの方は現在3~4割 …

明日から始動

  明日からの現場始動にそなえて今晩は毎年恒例の道具の手入れ。 けっし …

煙対策

  我が家の給湯器は薪を燃料とした「ウッドボイラー」。 現場で出る廃材 …

まな板の上のコイ

  伊那市F様邸。 明日から始まる建て方に備え、準備は整いました。 もう何があっ …

木工事完了

  伊那市F様邸 なんとかお約束の年内木工事完成間に合いました(ホント …

先が見えてからが長いのです

南流山の家、ようやく先が見えてきました。 昨日の台風に備え、足場のネットも取り外 …

タッチ&ゴー

相変わらず週末は帰省しています。 が、やることといえば材料の加工と溜まってしまっ …

思うこと

  今回の台風そして立て続けの北海道での地震の被害に遭われた方にあらた …

再始動

ちょっと長めの正月休み(12/29~1/8)も昨日でおしまい。本日から再始動です …

PREV
同い年
PAGE TOP