格闘

     2019/05/02

昭和の建物との格闘が始まりました。
今回は木造2階建ての1階部分のみの改修になりますが、床、天井、壁のすべてを剥がし、構造材を全て現し、点検してからの作業になります。
言葉にすれば簡単ですが、実際はこれが大変。
なにしろ50年来のホコリがたまった天井を剥いだ時にはそれがすべて落ちてくるわけです。
一応、マスクやゴーグル装備で作業に当たっていますが、そんなものは気休めに過ぎません。
一日の作業が終わる頃には、若き日に旅したインドの人達と見まごうばかりの風貌です。

 -仕事

  関連記事

壁塗りはセルフで

      大工工事がひとまず終わった伊那市M邸。 旦那さんは家具職人で木の扱い …

なんとか納まり

取り掛かって1週間。 ほぼ納まりました。 これで2階への上り下りも楽になります。 …

続・寒中仕事

自宅脇の物置の移設作業。 当初は、全体をジャッキアップし、徐々に動かしていくつも …

写真撮影

    今日は完成現場の写真撮影の日。 朝の冷え込みは厳しか …

長丁場

建て方開始から1ヶ月。 耐力壁、外廻りのサッシの2/3程が入り、ようやく家らしく …

運搬開始

建前材の準備が終わり今週日曜日に千葉までその材料を運搬してきました。 普段乗り慣 …

伊那市F邸

カメラマンに撮っていただいた写真ができあがってきました。 外内壁すべて塗り壁はセ …

写真撮影

  ようやく引渡し前の写真撮影。 お見合い?結婚記念?なみにちょっと気合を入れ、 …

同い年

今度の現場はちょうど私と同い年の昭和39~40年頃築造の街中にある店舗。元々、学 …

丸太梁墨付け

  丸太梁の墨付けが始まりました。 太鼓に落とした梁ですので、横面に墨を打ってや …

PAGE TOP