格闘

     2019/05/02

昭和の建物との格闘が始まりました。
今回は木造2階建ての1階部分のみの改修になりますが、床、天井、壁のすべてを剥がし、構造材を全て現し、点検してからの作業になります。
言葉にすれば簡単ですが、実際はこれが大変。
なにしろ50年来のホコリがたまった天井を剥いだ時にはそれがすべて落ちてくるわけです。
一応、マスクやゴーグル装備で作業に当たっていますが、そんなものは気休めに過ぎません。
一日の作業が終わる頃には、若き日に旅したインドの人達と見まごうばかりの風貌です。

 -仕事

  関連記事

作業場リセット

  今日は雨降り。 予定していた外作業がままならないので、数年に一回やるかやらな …

なんとか無事に

  伊那市F様邸の建方~屋根まとめが完了しました。 なにしろこの暑さの …

建方開始

建方が始まりました。 場所などの制約もあり、今回はクレーンを頼まず、すべて手上げ …

困ったことに・・・

          &nbsp …

あと少し

刻み作業も終盤戦。 梁や桁といった横物は刻み終え、現在その擦り付け・削り作業中で …

クロスオーバーイレブン2017夏

  30年余前、一人暮らしの下宿で聴いていた懐かしのラジオ番組がこの夏も復活して …

寒中仕事

大寒は過ぎたもののまだまだ寒中。 こんな時に・・・ととっておいた(?)自宅物置の …

怒涛の3日間

友人Yの仕事の応援で名古屋をピストンしていました。 ミッションはパイプオルガンの …

木工事完了

  伊那市F様邸 なんとかお約束の年内木工事完成間に合いました(ホント …

木に刻まれた歴史

木を製材して削ってみると丸太の状態ではわからなかった様々なものが出てくることがあ …

PAGE TOP