続・格闘中

  

街中の改装工事中の現場。

ある程度の覚悟はしていましたが、やはり苦戦しています。

当初、外部は現状のモルタル壁の上へ弾性系の塗装を施す程度としておりました。・・・が、 今後のことを考えると ここで思い切って別素材に切り替えたほうが得策と判断、お施主さんの了解を得て、新たに木下地を作り直し、その上へ金属板を貼る仕様に変更となりました。

下地を作り直す・・・言葉でいってしまえば簡単ですが、どこにも直線が出ていない壁に仮想平面を想定し作り出すわけですから一筋縄にはいきません。

ありったけの知恵を絞り出し、限られた手間の中で最大限の効果を引き出す方法を探りながらの作業が連日続いています。

 -仕事, 伊那市S邸

  関連記事

年をまたいでしまいましたが・・・

  寒くなる前に・・・がお約束だった現場。 室内は年内に、外部のデッキは先日出来 …

縁の下の力持ち

  今週末(11/4)に伊那市ますみヶ丘にて「森joy」というイベント …

この年末に来て・・・

  もうなんともお手上げ状態です。 作業場の屋根が27日の強風で吹き飛んでしまい …

墨つけ開始

  次の現場が動きだしました。 今回も築50年を超える住宅で、もし全面的な耐震改 …

木工事完成

4月の建前から約5ヶ月。 とりあえず依頼された大工工事は終了しました。 元々、お …

急遽の登板

この週末からいよいよ千葉への材料運搬が始まります。 家一軒分の材料、4t車3台  …

続々・格闘中

相変わらず同い年の建物と格闘しています。 やはり屋根周り、特に水下側に当たる部分 …

先人よりバトンを引継ぐ

築50年を経た建物ながら、施工した大工さんの丁寧な仕事ぶりが目につきます。 継手 …

30年来の付き合い

  大工を始めた当初、友人より譲ってもらった追入鑿との付き合いも、はや …

もう少し

  プランニング、打ち合わせ、見積、再度設計変更、打ち合わせ、再見積・・・。 ひ …

PAGE TOP