続・格闘中

  

街中の改装工事中の現場。

ある程度の覚悟はしていましたが、やはり苦戦しています。

当初、外部は現状のモルタル壁の上へ弾性系の塗装を施す程度としておりました。・・・が、 今後のことを考えると ここで思い切って別素材に切り替えたほうが得策と判断、お施主さんの了解を得て、新たに木下地を作り直し、その上へ金属板を貼る仕様に変更となりました。

下地を作り直す・・・言葉でいってしまえば簡単ですが、どこにも直線が出ていない壁に仮想平面を想定し作り出すわけですから一筋縄にはいきません。

ありったけの知恵を絞り出し、限られた手間の中で最大限の効果を引き出す方法を探りながらの作業が連日続いています。

 -仕事, 伊那市S邸

  関連記事

年をまたいでしまいましたが・・・

  寒くなる前に・・・がお約束だった現場。 室内は年内に、外部のデッキは先日出来 …

写真撮影

  ようやく引渡し前の写真撮影。 お見合い?結婚記念?なみにちょっと気合を入れ、 …

やはり・・・

    知り合いの解体屋さんから、浴室をユニットバスに改修す …

ジッと我慢

久し振りの晴天だというのに、事務所に籠ってプランニング作業の一日。 ようやく大凡 …

木に刻まれた歴史

木を製材して削ってみると丸太の状態ではわからなかった様々なものが出てくることがあ …

年末はこんなことを・・・

  作業場の屋根が吹き飛ばされた頃、近所の観光施設でこんなことをしていました。 …

急遽の登板

この週末からいよいよ千葉への材料運搬が始まります。 家一軒分の材料、4t車3台  …

壁塗りはセルフで

      大工工事がひとまず終わった伊那市M邸。 旦那さんは家具職人で木の扱い …

明日から始動

  明日からの現場始動にそなえて今晩は毎年恒例の道具の手入れ。 けっし …

墨つけ開始

  次の現場が動きだしました。 今回も築50年を超える住宅で、もし全面的な耐震改 …

PREV
再会
PAGE TOP