30年来の付き合い

  

 

大工を始めた当初、友人より譲ってもらった追入鑿との付き合いも、はや30年。

苦楽(?)を共にしてきた相棒ですが、いよいよ先が見えつつあります。

次の相棒をここまで研ぎ減らすことは多分もうないでしょう。

そう考えると現役で仕事ができる時間なんてアッという間です。

 -ブログ, 仕事

  関連記事

再会

この冬に竣工した伊那市F邸。 こちらのFさんに引き合わせてくれたのが、その土地の …

チーム練習

  今日は新年初の所属しているマラソンチーム「ちーむもみじ」の練習会。 伊那市西 …

もう少しで・・・

  8月に建前をした現場がいよいよ大詰めになってきました。 今回の現場 …

とうとう

  昨日の冷たい雨は、山では雪。 季節は着実に進んでいて、同時にそれは「寒くなる …

明日から始動

  明日からの現場始動にそなえて今晩は毎年恒例の道具の手入れ。 けっし …

年末はこんなことを・・・

  作業場の屋根が吹き飛ばされた頃、近所の観光施設でこんなことをしていました。 …

もう少し

  プランニング、打ち合わせ、見積、再度設計変更、打ち合わせ、再見積・・・。 ひ …

この時期は野山の変化が劇的です

現場の方は外部の大工工事がおわり、内部も床の下張りも完了、これからは鴨居敷居、内 …

高気密をあなどると・・・

先日お引渡した現場。 実は当初のプランにはなかった薪ストーブが途中から設計変更で …

建方開始

建方が始まりました。 場所などの制約もあり、今回はクレーンを頼まず、すべて手上げ …

PAGE TOP