まずは見ることから

     2016/09/16

notes32
三時のお茶すぎ、一日の仕事も終盤にかかり始めた頃現場に可愛いお客さんがやってきました。

お施主さんの娘さんの同級生という小学2年生男女3人組(今日は娘さんはおらず友達のみ)。
興味深げに我々の仕事を見ながら、足場に登ったり(一段目までと決めてあります)、木端を拾い集めては積み木のように遊んだり、今日は釘を所望しにわか大工仕事にトライしていました。

私が子供の頃(昭和40年代初頭)はまだ近所の建築現場では大工が削り台を使ってカンナ仕事をしていて、生き物のようにカンナ屑が繰り出される様を、魔術師の技を見る如き目で見ていたことを思い出します。

40数年の時を経た今、私がその立場になろうとは思いもしませんでしたが、もしかしたらこの中に将来職人の道を目指す子がいるかもしれない・・・そう思うと無碍に「危ないからあっち行ってな!」などと断ることはとてもできないのです。

最近の建築現場はどこもしっかりと足場とネットが張り巡らされ、中でどんな工事が進んでいるのかほとんど目にすることができません。
安全・盗難対策上いたしかたないことなのかもしれませんが、傍で見ている人にとって何かいきなり箱がもってこられ、中をチョコっと化粧してハイ出来上がり、そんな印象程度しか残らないのではないでしょうか。
特に何の予備知識ももたぬ子供にとって、家というのは外から運んできて置くだけのモノ・・・もしかしたらそう思っている子すらいるかもしれません。

家というのは沢山の職人達の手間の結晶。
決して大きな声で語るつもりはありませんが(十分大きいか?)、こうして現場を見ていることによって、子供達の心のどこかにそんな記憶が残ってくれたら・・・そう思いながら可愛いお客さんの相手をしています。

 -建築について思うことつれづれ

  関連記事

手刻みへのこだわり

現在、木造住宅のその構造部分(柱や梁といった根幹をなす部分)は、コンピュータ制御 …

建材の寿命

浴室改修工事に入っている現場では、土台の交換のため床下にもぐることになりました。 …

独りよがりではいけない

今、手掛けている工事は近所に住む一人暮らしのおばあちゃんの家の手直し(ムラの中に …

手描きの意味

次の仕事が始まりました。 現在はプランニングをしながら図面を起こしている段階なの …

数値をとるか感覚をとるか

ここのところの寒波はこの冬一番の冷え込みをもたらしているようです。 我が家の外の …

新建材の行く末

築50年を超える住宅の営繕に入っています。 これくらいの住宅ですと、新築当時その …

企業の姿勢

ほぼ毎日、走りのお伴に愛用してきた心拍計測機能のついた時計が動かなくなりました。 …

「請負う」ということについて

  「建築工房 富澤」は会社組織ではありませんので、基本的に従業員はいません。 …

丸太は自由だ

墨付けも佳境に入り、先日より丸太梁の墨に取り掛かりました。 この丸太梁。 何が面 …

住宅版エコポイントに怒る

住宅版エコポイントに関する講習会に参加し、その内容を確認してきました。 要は、省 …

PAGE TOP