セルフビルドのすゝめ

     2016/09/16

notes33
私の現場はお施主さん自ら家づくりに従事してもらう(セルフビルド)事が多々あります(ほとんど?)。

それによって少しでも経費を節約できるということもありますが、それ以上に新築時に手をかけたことによって、それ以降に必須となってくるメインテナンス(特に塗装)に対する抵抗感が和らげられるということがあります。

来る日も来る日も太陽や風雨にさらされている家の外装は年々少しづつ傷んでいきます。
近年はメインテナンスフリーを謳った外装材も開発されてはおりますが、よくよく調べてみるとシーリング処理(防水)部分はありますし(数年に一度は再処理が必要)、経年変化がいかほどのものなのか、その年数がいまだ経っていない現在、本当のところは誰にもわかりません。

一方、木や漆喰といった自然素材はそれこそ何百年という歴史があり、その経年変化具合はほぼ解明されているいっていいでしょう。
仲間の大工たちの中には、この経年変化が味なのだから、全くの無塗装を勧めるという者もおりますが(何十年も経てば結局同じ?)、私、個人としてはその味が出てくまでの過程でみすぼらしくなってしまう(あくまで私見)ため、風化具合に応じた塗装(徐々に色を濃くしていく)をして、その経時変化を楽しむ事をお勧めしています。

塗装はできれば2~3年に一度くらいのペースで行うのがベストで、このくらいの間隔ですと、塗装の手間がかからぬだけでなく(以前の塗装があるため塗料の伸びが良い)、外壁の不具合(雨漏り跡やクラックなど)等も、致命的なことになる前に発見できる可能性も高くなります。

しかしこの塗装をすべて業者まかせにしていたのでは、その費用もバカになりません。
ましてや2~3年に一度となるとなかなか気軽に頼むわけにはいかないでしょう。

だったらそこを自ら行ってしまえばその費用を節約できる上、同時に家のチェックもできる一石二鳥の「セルフビルドのすゝめ」なのです。

(実際は家の形状によって、足場など必要になってくる場合もあるのですが、私自身が設計する場合は塗装回数も多くなる板壁等は脚立程度で済む高さまでとして、他はメインテナンス間隔の長い塗り壁とする等、できるだけ工夫をしています。)

notes34

 -建築について思うことつれづれ

  関連記事

設計士さんと仕事をするということ

今まで携わってきた新築現場の約2/3は自分以外の方の設計された建物でした。 当然 …

高気密をあなどると・・・

先日お引渡した現場。 実は当初のプランにはなかった薪ストーブが途中から設計変更で …

思うこと

  今回の台風そして立て続けの北海道での地震の被害に遭われた方にあらた …

新建材の行く末

築50年を超える住宅の営繕に入っています。 これくらいの住宅ですと、新築当時その …

企業の姿勢

ほぼ毎日、走りのお伴に愛用してきた心拍計測機能のついた時計が動かなくなりました。 …

丸太は自由だ

墨付けも佳境に入り、先日より丸太梁の墨に取り掛かりました。 この丸太梁。 何が面 …

独りよがりではいけない

今、手掛けている工事は近所に住む一人暮らしのおばあちゃんの家の手直し(ムラの中に …

丸太仕事

木というのは、すべて素直にまっすぐ育っていてくれる訳ではなく、その立地条件によっ …

「請負う」ということについて

  「建築工房 富澤」は会社組織ではありませんので、基本的に従業員はいません。 …

自然素材を相手にするということ

建前も一段落し、板金屋さんが屋根工事中。 ようやく雨漏りの心配もなくなり、一安心 …

PAGE TOP