40年ぶりの

     2016/10/02

1-img_0804

先の帰省で実家の整理をしていたところ、私が小学生の頃、小遣いを貯めて購入したラジオがみつかりました。

当時、「BCL」と称し色々な放送局に受信証(ベリカード)なるものを請求してコレクションすることが流行っており、皆にもれず私もその為に買ったラジオでした。
子供の自分には、放送内容は大人びていて解らず、もっぱらカードのためだけに受信していた思い出があります。

で、そのラジオ。
電源を入れてみるといまだに現役。
普通に音が出ます。
それどころか、今現場で使用しているラジオよりもはるかに感度がいいのです。
建設現場というのは、足場で囲まれているせいなのか、ラジオ電波は弱くなりがちで、ちょっと中継局から離れたところなどでは、雑音に悩まされることはしばしばです。
普段の私の作業場もその例に漏れず、雑音に悩まされていたのですが、このラジオに換えてみたら、びっくりするほどクリアな音で受信することができたのです。

ネットなどで調べてみると、当時のラジオは特にAMなどを受信するための内蔵アンテナが大きく、微弱な電波を拾うための機能が優れていたとのこと。
感度がいいのは当然のことだったのです。

考えてみれば、現在ラジオを聴いている人がもし音質を求めるなら、インターネットを利用することでしょう。
AMでさえFM同様のクリアな音で聴くことができるのですから、そちらが主流となり、メーカーもラジオの受信性能を上げることに大して力を注がないというのもうなずけることです。

しかし、我々のような現場労働者にとってどんな環境でも手軽に扱えるラジオは大切な友。
40年の時を経て私のもとに戻ってきたそれは、再び貴重な相棒になりそうです。

1-img_0814

 

 

 

1-img_0762

1-img_0771

 

 

 

 

 

 -日記,

  関連記事

インフル禍

寒風吹きすさぶ中での連日の作業が続いていた頃、家族にインフルエンザの兆候が見られ …

謹賀新年

      ようやく今年の年賀状ができあがりました …

ホッと一息

建前後の作業(屋根まとめ、耐力壁等)も一段落し、次の作業にむけての材料作成のため …

極楽 ご・く・ら・く

この連休は伊那に戻って材料加工の日々。 暦にかまわず作業場に詰める毎日ですが、そ …

この冬一番の寒さになってしまいましたが・・・

この冬一番という寒気が入ってきているようで当地でも、その量は少ないもののよこなぐ …

とうとう

  昨日の冷たい雨は、山では雪。 季節は着実に進んでいて、同時にそれは「寒くなる …

春の香りは良いけれど・・・

  春になって街角より様々な香りが漂いはじめました。 ジョギング中に嗅 …

秋本番

    雨の多かった今年ですが、気温のメリハリが大きかったせいか、木々の色付きが …

no image
こんなに天気がいいのに

空は抜けるような蒼空。 山は新緑。 森からはホトトギスの鳴き声。 だけど私は自宅 …

まもなくオープン?

    街中で営繕仕事をした帰り道、ひょんなことから同じ地区 …

PAGE TOP