階段刻み

  

 

 

現場は床を貼り終え内部造作が進んできました。

現在は中盤の山場とも言える階段の刻みに取り掛かっています。

ひとつひとつの踏板を親板に「ヒカリ込み」ながらの作業は神経も使い、最近やけに進んできた老眼の目には厳しいものがありますが、キッチリと納められた時の気持ちの良さは、その過程のしんどさを吹き飛ばしてくれます。

最近ではこれも既製品を使っているところも多いと聞きますが、職人の技術は現場あってこそのもの。

果たしてこの先どうなっていってしまうのでしょうか。

さて今日は日曜日。

今週は帰省せずに千葉に滞在しておりますので早朝、江戸川~利根運河~利根川とちょっと長めのジョギング(28km)をして気分転換。

都会に近いとはいえ、まだまだここいらは緑も濃く、心身のリフレッシュには最適な時間が過ごせました。

 

 -ブログ, 南流山の家

  関連記事

西箕輪高原マラソン

今年で第30回になる地元で開催されているマラソン大会。 走り始めた頃からの参加に …

ギリギリで

寒くなる前までには・・・の約束は守れませんでしたが、なんとか年内の入居はかないそ …

長丁場

建て方開始から1ヶ月。 耐力壁、外廻りのサッシの2/3程が入り、ようやく家らしく …

完成間近

  昨夏に建て始めた現場。 いよいよ完成が近づいてきました。 お施主さ …

始動

最終的なプランが決まらず、なかなかスタートできなかったリフォーム工事の現場が今週 …

仕事は佳境

  千葉・南流山の工事が進んでいます。 墨付け・刻みの方は現在3~4割 …

思うこと

  今回の台風そして立て続けの北海道での地震の被害に遭われた方にあらた …

泣いても笑ってもあと7日

  長野マラソンが来週に迫ってきました。 この時期にいつも思うことは、 …

寒中仕事

大寒は過ぎたもののまだまだ寒中。 こんな時に・・・ととっておいた(?)自宅物置の …

ア・ツ・イ・・・

火曜日に極楽から地獄へ舞い戻ってきました。 現場は朝から陽射しに照らされ、まんま …

PAGE TOP