造作追い込み

  

造作もいよいよ追い込み。

直接目に付き手で触れる箇所の仕上げにかかっています。

すべて丸見えになってしまうところばかりですので、気が抜けません。

寸法違いなどしてしまった日にゃーすべて作り直し・・・そんなこともありました。

細心の注意を払いながら、納めるときには一気に大胆に。

あと一ヶ月。

もう少しの辛抱です。

 

 

 

 -ブログ, 仕事, 南流山の家,

  関連記事

クロスオーバーイレブン2019夏

お盆恒例の「クロスオーバーイレブン2019夏」が始まっています。 30年以上昔の …

いよいよ春

気づけばもう弥生3月も9日目。 だいぶ陽射しも柔らかに感じられるようになってきま …

先が見えてからが長いのです

南流山の家、ようやく先が見えてきました。 昨日の台風に備え、足場のネットも取り外 …

冬に備えて

  この時期になると、寒さ対策工事の依頼が多くなります。 なかでも窓ま …

こころ踊らせて

土曜深夜(早朝)のSA。 行楽地や故郷に帰省するとおぼしき車が多く停まっています …

先人よりバトンを引継ぐ

築50年を経た建物ながら、施工した大工さんの丁寧な仕事ぶりが目につきます。 継手 …

ギリギリで

寒くなる前までには・・・の約束は守れませんでしたが、なんとか年内の入居はかないそ …

タッチ&ゴー

相変わらず週末は帰省しています。 が、やることといえば材料の加工と溜まってしまっ …

丸太梁墨付け

  丸太梁の墨付けが始まりました。 太鼓に落とした梁ですので、横面に墨を打ってや …

泣いても笑ってもあと7日

  長野マラソンが来週に迫ってきました。 この時期にいつも思うことは、 …

PAGE TOP