造作追い込み

  

造作もいよいよ追い込み。

直接目に付き手で触れる箇所の仕上げにかかっています。

すべて丸見えになってしまうところばかりですので、気が抜けません。

寸法違いなどしてしまった日にゃーすべて作り直し・・・そんなこともありました。

細心の注意を払いながら、納めるときには一気に大胆に。

あと一ヶ月。

もう少しの辛抱です。

 

 

 

 -ブログ, 仕事, 南流山の家,

  関連記事

怒涛の3日間

友人Yの仕事の応援で名古屋をピストンしていました。 ミッションはパイプオルガンの …

一年ぶりの

長野マラソンまであと2ヶ月。 まずは走りきれないことには話にならないので、今朝は …

続・寒中仕事

自宅脇の物置の移設作業。 当初は、全体をジャッキアップし、徐々に動かしていくつも …

冬に備えて

  この時期になると、寒さ対策工事の依頼が多くなります。 なかでも窓ま …

思うこと

  今回の台風そして立て続けの北海道での地震の被害に遭われた方にあらた …

先が見えてからが長いのです

南流山の家、ようやく先が見えてきました。 昨日の台風に備え、足場のネットも取り外 …

壁塗りはセルフで

      大工工事がひとまず終わった伊那市M邸。 旦那さんは家具職人で木の扱い …

最後の仕上げ

4月に建方をした現場。 最後の仕上げの、造り付けカウンターなどの造作を残すのみと …

高気密をあなどると・・・

先日お引渡した現場。 実は当初のプランにはなかった薪ストーブが途中から設計変更で …

年をまたいでしまいましたが・・・

  寒くなる前に・・・がお約束だった現場。 室内は年内に、外部のデッキは先日出来 …

PAGE TOP