先が見えてからが長いのです

  

南流山の家、ようやく先が見えてきました。

昨日の台風に備え、足場のネットも取り外したため初めて外観が白日の下に。

この瞬間はなんとも気恥ずかしいものですが、じき周りの景色に馴染んでくれることを期待しています。

造作作業の方も、造り付けの家具類が本格化。

今日はCafeスペースのカウンターが取り付き、明日からはキッチンの流し台の製作が始まります。

アパートの契約は今月いっぱい。

いよいよラストスパートです。

 -ブログ, 仕事, 南流山の家

  関連記事

怒涛の3日間

友人Yの仕事の応援で名古屋をピストンしていました。 ミッションはパイプオルガンの …

材料加工の日々

今週も金曜日から帰省し、連日作業場に籠っての材料加工が続いています。 抜けるよう …

ジッと我慢

久し振りの晴天だというのに、事務所に籠ってプランニング作業の一日。 ようやく大凡 …

始動

最終的なプランが決まらず、なかなかスタートできなかったリフォーム工事の現場が今週 …

この時期は野山の変化が劇的です

現場の方は外部の大工工事がおわり、内部も床の下張りも完了、これからは鴨居敷居、内 …

仕事は佳境

  千葉・南流山の工事が進んでいます。 墨付け・刻みの方は現在3~4割 …

チーム練習

  今日は新年初の所属しているマラソンチーム「ちーむもみじ」の練習会。 伊那市西 …

先人よりバトンを引継ぐ

築50年を経た建物ながら、施工した大工さんの丁寧な仕事ぶりが目につきます。 継手 …

続・寒中仕事

自宅脇の物置の移設作業。 当初は、全体をジャッキアップし、徐々に動かしていくつも …

巣立ち

  本日 三人兄弟末っ子の三男坊が全寮制高校への進学に伴い我が家を旅立って行きま …

PAGE TOP