この年末に来て・・・

  

 

もうなんともお手上げ状態です。

作業場の屋根が27日の強風で吹き飛んでしまいました。

波板を留めている下地ごとです。

詳しく見てみると、吹き飛んだ部分は釘打ち機で合板に止めてあるだけのところ(ビスでしっかり止めた部分は被害なしでした)。

この程度で大丈夫だろう・・・はやはり甘かったのです。

「大工の掘っ立て」を地でいく施工が招いた当然の結果ともいえましょう。

となり近所や人的な被害がなかったことは不幸中の幸いでしたが、その修繕のための大晦日まで休みなし作業は必至。

はぁーぁ 連日の寒風下での作業で今年は暮れていきそうです。

 

 

 

 -ブログ, 仕事

  関連記事

南信州ロードレース

飯田市で開催された「南信州ロードレース」に出場してきました。 朝の冷え込みはあっ …

木に刻まれた歴史

木を製材して削ってみると丸太の状態ではわからなかった様々なものが出てくることがあ …

最後の仕上げ

4月に建方をした現場。 最後の仕上げの、造り付けカウンターなどの造作を残すのみと …

木工事完了

  伊那市F様邸 なんとかお約束の年内木工事完成間に合いました(ホント …

丸太梁墨付け

  丸太梁の墨付けが始まりました。 太鼓に落とした梁ですので、横面に墨を打ってや …

思うこと

  今回の台風そして立て続けの北海道での地震の被害に遭われた方にあらた …

先人よりバトンを引継ぐ

築50年を経た建物ながら、施工した大工さんの丁寧な仕事ぶりが目につきます。 継手 …

同い年

今度の現場はちょうど私と同い年の昭和39~40年頃築造の街中にある店舗。元々、学 …

やはり・・・

    知り合いの解体屋さんから、浴室をユニットバスに改修す …

これくらいだったら まだ良しか・・・

昨日の台風。 当地でも夕方ころより風が強まっていたものの、被害状況は確認できず日 …

PAGE TOP