たまには気分転換

  

予定していた仕事が少し早く片付いたので今朝は普段の早朝ランを少し延長して近所の権兵衛峠(1,523m)まで。

毎日眺めているはずなのにこちらへ来るのは10年ぶりくらい。

しかも旧峠道を辿るのは初。

まあ距離もないし朝飯前には帰ってこれるだろうとタカをくくって出かけたのですが・・・

 

往路は送電線のある鉄塔下道。

刈払いもしっかりされていて歩き(走り?)やすい道ですがなかなかの急勾配。

トレイルランには程遠く、ほとんど気持ちだけランの牛歩行。

そんなヘロヘロ状態の目に飛び込んできたケモノの足跡・・・

 

大きさと爪の具合からしてどうやらクマ。

ハッキリした形跡から昨日の雨以降のものに違いなく、お守りにと持ってきた鈴をここからは手でしっかりと振りながら、いつでも逃げられる準備をしながらの行動。

 

一方このあたりからは里山では盗掘などによって、すっかり数を減らしてしまっている可憐なササユリがそこかしこの道端に。

 

眺望がいいところは送電線の下のみというのが興ざめですが、ほどなくして

頂上到着。

ここまで自宅出発から約1時間。

帰路は

昔から歩かれている峠道へ。

しかしここ最近整備されていないらしく、一見すると、どこが道だかわからないような箇所も多数。

 

それでも雨上りの森の中はなかなかに幻想的。

これぞ早起きは「三文の得」の景色でしょうか。

振り返れば峠の鞍部はあんな上。

復路は45分ほどの行程で、いつものランとさして変わらず無事帰宅。

クマとの遭遇だけはご遠慮願いたいところですが、舗装された道にはない刺激はレギュラーコースに格上げの予感がします。

 

それにしてもこの山道を馬に荷を乗せ行き来していたというのがさほど遠い昔ではない(昭和30年代頃まで)というのにはあらためて驚かされます。

私が修行をした工務店の大工の同僚にも峠を越えた木曽 萱ケ平から通っていた職人がいたと聞いていますので、この峠道はごく普通の生活道路だったのでしょう。

その時代から人々を見守りつづけてきたであろう今は草に埋もれてしまっている道祖神や道標が、それを物語っておりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 -ブログ, 長距離走

  関連記事

夏休みを取り戻しに

この夏は仕事に追われなかなか遊びに行けませんでした。 それでもこれだけは、と、や …

久しぶりの40km

  建前の準備などもありここ数週間長い距離を踏めていませんでした。 昨 …

車入れ替え

自家用に使っていた乗用車でカミさんが接触事故を起こしてしまいました。 幸い双方に …

先人よりバトンを引継ぐ

築50年を経た建物ながら、施工した大工さんの丁寧な仕事ぶりが目につきます。 継手 …

侵入者

街場のしかも交通量の多い県道沿いの現在の現場。 しかし、毎晩のように何者かが侵入 …

急遽の登板

この週末からいよいよ千葉への材料運搬が始まります。 家一軒分の材料、4t車3台  …

縁の下の力持ち

  今週末(11/4)に伊那市ますみヶ丘にて「森joy」というイベント …

寒くなる前に・・・

  寒くなる前に・・・と頼まれていた、多分今年最後になるであろう現場が始まりまし …

謹賀新年

      ようやく今年の年賀状ができあがりました …

この年末に来て・・・

  もうなんともお手上げ状態です。 作業場の屋根が27日の強風で吹き飛んでしまい …

PAGE TOP