労働の結晶

     2016/09/16

notes13
現場の方は外周りの板壁や塗り壁の部分は終わり、現在内部の床を張り始めています。

今回、檜の丸太を譲っていただいたので、できるだけ余すことなくそれを使っています。
芯に近い部分からは、柱、桁、土台などの構造材を、次に鴨居、敷居などの造作材を、そして一番外側から板などをという具合に木取りをしていきます。

成長の過程できちんと手入れがされた木の場合、外側にはほとんど節はなく(あっても写真の様な綺麗な生節)、素性の良いモノが確保できます。
おかげさまで、床板も、脂気のある艶やかな仕上がりになりました。

それにしても50年いや場合によっては100年という長いスパンで考えねばならない木の成長。

ホンの目先だけの利益にとらわれ動いてしまっている現在の自分の生活とあまりにかけ離れたタイムスケールで動いている林業家の仕事を思い、
先人たちの労働の結晶がこの床板なのだとあらためて気付きました。

 -建築について思うことつれづれ

  関連記事

建材の寿命

浴室改修工事に入っている現場では、土台の交換のため床下にもぐることになりました。 …

素材選択の大切さ

先日来、築50年以上経った住宅の営繕に入っています。 主な作業内容は、シロアリで …

丸太は自由だ

墨付けも佳境に入り、先日より丸太梁の墨に取り掛かりました。 この丸太梁。 何が面 …

数値をとるか感覚をとるか

ここのところの寒波はこの冬一番の冷え込みをもたらしているようです。 我が家の外の …

住宅版エコポイントに怒る

住宅版エコポイントに関する講習会に参加し、その内容を確認してきました。 要は、省 …

完成見学会雑感

近所で県内でも有数の木造住宅着工件数を誇る会社の住宅完成見学会があり、それに出か …

設計士さんと仕事をするということ

今まで携わってきた新築現場の約2/3は自分以外の方の設計された建物でした。 当然 …

煙対策

  我が家の給湯器は薪を燃料とした「ウッドボイラー」。 現場で出る廃材 …

丸太仕事

木というのは、すべて素直にまっすぐ育っていてくれる訳ではなく、その立地条件によっ …

独りよがりではいけない

今、手掛けている工事は近所に住む一人暮らしのおばあちゃんの家の手直し(ムラの中に …

PAGE TOP