労働の結晶

     2016/09/16

notes13
現場の方は外周りの板壁や塗り壁の部分は終わり、現在内部の床を張り始めています。

今回、檜の丸太を譲っていただいたので、できるだけ余すことなくそれを使っています。
芯に近い部分からは、柱、桁、土台などの構造材を、次に鴨居、敷居などの造作材を、そして一番外側から板などをという具合に木取りをしていきます。

成長の過程できちんと手入れがされた木の場合、外側にはほとんど節はなく(あっても写真の様な綺麗な生節)、素性の良いモノが確保できます。
おかげさまで、床板も、脂気のある艶やかな仕上がりになりました。

それにしても50年いや場合によっては100年という長いスパンで考えねばならない木の成長。

ホンの目先だけの利益にとらわれ動いてしまっている現在の自分の生活とあまりにかけ離れたタイムスケールで動いている林業家の仕事を思い、
先人たちの労働の結晶がこの床板なのだとあらためて気付きました。

 -建築について思うことつれづれ

  関連記事

設計士さんと仕事をするということ

今まで携わってきた新築現場の約2/3は自分以外の方の設計された建物でした。 当然 …

手刻みへのこだわり

現在、木造住宅のその構造部分(柱や梁といった根幹をなす部分)は、コンピュータ制御 …

墨付け開始

現場の墨付けが始まりました。 樹木として役目を終えた木に再び命を吹き込む作業。 …

丸太は自由だ

墨付けも佳境に入り、先日より丸太梁の墨に取り掛かりました。 この丸太梁。 何が面 …

住んで暮らしてはじめてわかること

初めて暮らす住宅の冬ですが、やはり良い事ばかりではありません。 今までの、外気と …

自然素材を相手にするということ

建前も一段落し、板金屋さんが屋根工事中。 ようやく雨漏りの心配もなくなり、一安心 …

手描きの意味

次の仕事が始まりました。 現在はプランニングをしながら図面を起こしている段階なの …

煙対策

  我が家の給湯器は薪を燃料とした「ウッドボイラー」。 現場で出る廃材 …

まずは見ることから

三時のお茶すぎ、一日の仕事も終盤にかかり始めた頃現場に可愛いお客さんがやってきま …

完成見学会雑感

近所で県内でも有数の木造住宅着工件数を誇る会社の住宅完成見学会があり、それに出か …

PAGE TOP