改修工事に学ぶ

     2016/09/16

notes23
「どうも床がフワフワする」という相談を受け、先日来、浴室の改修工事に入っています。

前回のブログにも書いたように、予想通り、シロアリにやられていて、結局、土台、柱を取り替える大掛かりな工事になってしまいました。

こうしたケースは決して稀ではなく、ユニットバスでない浴室の場合、ほぼ100%そうなっていると断言してもいいくらいです(少なくとも私が携わった現場は全てそうでした)。

ですので、通常はユニットバスをお勧めしているのですが、やはり板・タイル張りといった昔ながらの浴室を希望される方もいらっしゃいます。

そんな場合、腐ることは覚悟してくださいと前置きした上で、二つの方法を提案しています。
ひとつは、建物本体と離して別棟としてしまう方法。これならば比較的容易に建て替えが可能です。
しかし、設計上そうした余裕がない場合には、浴室全体を防水してしまう(当然通気は確保した上で)方法を、前回の新築現場で採用してみました。

結果はすぐには出ないと思いますが、もし具合が良ければ、より工事の選択肢が広がり、より自由な設計が可能になります(無責任な自由はけっして自由とはいえません)。

そんなアイデアも、やはり今まで携わってきた改修工事から学んだことがベースになっています。
よく先輩大工が「改造工事は勉強になる。積極的にやっていけよ。そしてそれがこなせるようになってはじめて一人前だ」と言っていました。

とかく面倒で煩わしいことも多い改造工事ですが、自分の技術を高め、引き出しの数を増やすのには、またとないチャンスともいえ、ない知恵を絞りながら、そのたび問題と向き合う、そんな毎日です。

 -建築について思うことつれづれ

  関連記事

「請負う」ということについて

  「建築工房 富澤」は会社組織ではありませんので、基本的に従業員はいません。 …

自然素材を相手にするということ

建前も一段落し、板金屋さんが屋根工事中。 ようやく雨漏りの心配もなくなり、一安心 …

数値をとるか感覚をとるか

ここのところの寒波はこの冬一番の冷え込みをもたらしているようです。 我が家の外の …

手刻みへのこだわり

現在、木造住宅のその構造部分(柱や梁といった根幹をなす部分)は、コンピュータ制御 …

独りよがりではいけない

今、手掛けている工事は近所に住む一人暮らしのおばあちゃんの家の手直し(ムラの中に …

手描きの行く末

「えっいまだに」といわれそうですが、私はまだ手描きで図面をひいています。 CAD …

企業の姿勢

ほぼ毎日、走りのお伴に愛用してきた心拍計測機能のついた時計が動かなくなりました。 …

セルフビルドのすゝめ

私の現場はお施主さん自ら家づくりに従事してもらう(セルフビルド)事が多々あります …

墨付け開始

現場の墨付けが始まりました。 樹木として役目を終えた木に再び命を吹き込む作業。 …

丸太は自由だ

墨付けも佳境に入り、先日より丸太梁の墨に取り掛かりました。 この丸太梁。 何が面 …

PAGE TOP