作業場リセット

  

 

今日は雨降り。

予定していた外作業がままならないので、数年に一回やるかやらないかの、作業場材木の片付けを敢行。

なにしろ材木から必要な分を「木取る」と必ずでてくるのが「切端(せっぱ)」。

いつかどこかで使うだろうなどと、ちょっと立てかけて置いておくと、いつの間にやら上の写真のように木工機械の周りは「切端」だらけ。

普段の作業もまずはそれをどかしてから・・・と大変効率の悪いものになってなってしまいます。

とっておいても腐るものではなく、むしろ乾燥が進んでより都合が良いものだけに、それを捨てるのはとても勇気がいることなのですが、作業場の物理的な収納力、そして材料探しの手間などを考えると、どこかでエイッやっと見切りをつける必要があるのです。

丸一日の作業の結果、なんとか材の分類は完了し、1.5tトラックほぼ1台分の焚物ができあがりました。

とっても高い焚物・・・などとは決して思わずに、勇気を持ってストーブにくべることにします(涙)。

 -ブログ, 仕事

  関連記事

壁塗りはセルフで

      大工工事がひとまず終わった伊那市M邸。 旦那さんは家具職人で木の扱い …

寒くなる前に・・・

  寒くなる前に・・・と頼まれていた、多分今年最後になるであろう現場が始まりまし …

イーナちゃん駅伝

伊那市の市民駅伝「イーナちゃん駅伝カーニバル」に出場してきました。 市内各地区よ …

仕事は佳境

  千葉・南流山の工事が進んでいます。 墨付け・刻みの方は現在3~4割 …

長野マラソン

長野マラソンに出場して来ました。 仕事などの都合でやりくりができず、今年初のレー …

この時期は野山の変化が劇的です

現場の方は外部の大工工事がおわり、内部も床の下張りも完了、これからは鴨居敷居、内 …

お盆も終わり・・・

  お盆までには・・・ お盆には・・・ ひとつの目標にしてきた時がすぎてしまいま …

ギリギリで

寒くなる前までには・・・の約束は守れませんでしたが、なんとか年内の入居はかないそ …

助走開始

  設計がまとまり、建築確認申請もおりるメドがほぼつきましたので、次の …

侵入者

街場のしかも交通量の多い県道沿いの現在の現場。 しかし、毎晩のように何者かが侵入 …

PAGE TOP