ありがとう そして お疲れ様

  

 

 

 

 

 

 

私が大工として独立した時に移り住み、17年間暮らした家が本日より解体されます。

3人の子供たちもここで産まれ育ってきました。

お風呂は薪ぶろ、便所は外、掘り炬燵もありました。窓はガラス戸ならばまだいい方で障子に雨戸という部屋が半分という、およそ現在の一般的住宅からみれば、かけ離れた仕様の家でした。

夏は蚊帳を吊り、冬は囲炉裏の場所に薪ストーブを据え暖をとりましたが、断熱・気密などという概念はほぼゼロでしたのでコタツの上の台布巾は凍りつき、枕元に雪の吹溜まりができていることは日常茶飯事でした。

古い民家などというと黒光りした梁や柱、広い間取りなどと夢のようなイメージを抱く方も多いかもしれませんが、現実にはなかなか過酷な環境の中での暮らしを余儀なくされる・・・それを実感した17年でした。

そんなお世辞にも快適とはいえぬ我が家でしたが、家の前には時折岩魚が流れてくる井筋があり、そこでの「うろつかみ」や、少し沢をつめた先でサワガニ捕りをしたこと、冬は 裏山からのソリ遊び(これもほとんど体感的にはリュージュやボブスレーに近いスピードで吹っ飛ばすスリリングなもの)等々、文字通りその環境を満喫した暮らしができたことは、私だけでなく子供達にとっても財産となる貴重な体験だったろうと思います。

生業としては、より快適に過ごせる住宅を掲げている私ですが、人間が育つ過程において果たしてそれがベストなのか、いやむしろ過酷な環境で育った方がより我慢強く、そして普通の暮らしが、よりありがたく感じられるという意味では大切なのではないだろうか、そんな矛盾した思いを強く抱かせるこの家での生活でした。

ありがとう そして お疲れ様。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 -ブログ, 日記

  関連記事

木工事始動

    今年中に完成お約束の伊那市Fさん邸の木工事が始まりました。 その地に生え …

この冬一番の寒さになってしまいましたが・・・

この冬一番という寒気が入ってきているようで当地でも、その量は少ないもののよこなぐ …

同い年

今度の現場はちょうど私と同い年の昭和39~40年頃築造の街中にある店舗。元々、学 …

この時期は野山の変化が劇的です

現場の方は外部の大工工事がおわり、内部も床の下張りも完了、これからは鴨居敷居、内 …

まずは命を

  いつかはやってくるであろう大地震にそなえ、行政なども補助金を出し耐 …

おんたけ湖ハーフマラソン

      「おんたけ湖ハーフマラソン」(王滝村) …

豊かさとは

    所用があって千葉の実家に出かけてきました。 転勤族だ …

イーナちゃん駅伝

伊那市の市民駅伝「イーナちゃん駅伝カーニバル」に出場してきました。 市内各地区よ …

スマホ不調再び

昨年 熱暴走してしまった我がスマホ(富士通 Arrows M02)。 今年も全く …

連休は・・・

連休後半 天気も回復し世間は行楽日和。 窓の外からは峠へ向かう、バイクや乗用車の …

PAGE TOP