建築工房 富澤

ブログ

セルフビルドのすゝめ

  カテゴリー:駒ヶ根市 K邸  タグ:


私の現場はお施主さん自ら家づくりに従事してもらう(セルフビルド)事が多々あります(ほとんど?)。

それによって少しでも経費を節約できるということもありますが、それ以上に新築時に手をかけたことによって、それ以降に必須となってくるメインテナンス(特に塗装)に対する抵抗感が和らげられるということがあります。

来る日も来る日も太陽や風雨にさらされている家の外装は年々少しづつ傷んでいきます。
近年はメインテナンスフリーを謳った外装材も開発されてはおりますが、よくよく調べてみるとシーリング処理(防水)部分はありますし(数年に一度は再処理が必要)、経年変化がいかほどのものなのか、その年数がいまだ経っていない現在、本当のところは誰にもわかりません。

一方、木や漆喰といった自然素材はそれこそ何百年という歴史があり、その経年変化具合はほぼ解明されているいっていいでしょう。
仲間の大工たちの中には、この経年変化が味なのだから、全くの無塗装を勧めるという者もおりますが(何十年も経てば結局同じ?)、私、個人としてはその味が出てくまでの過程でみすぼらしくなってしまう(あくまで私見)ため、風化具合に応じた塗装(徐々に色を濃くしていく)をして、その経時変化を楽しむ事をお勧めしています。

塗装はできれば2~3年に一度くらいのペースで行うのがベストで、このくらいの間隔ですと、塗装の手間がかからぬだけでなく(以前の塗装があるため塗料の伸びが良い)、外壁の不具合(雨漏り跡やクラックなど)等も、致命的なことになる前に発見できる可能性も高くなります。

しかしこの塗装をすべて業者まかせにしていたのでは、その費用もバカになりません。
ましてや2~3年に一度となるとなかなか気軽に頼むわけにはいかないでしょう。

だったらそこを自ら行ってしまえばその費用を節約できる上、同時に家のチェックもできる一石二鳥の「セルフビルドのすゝめ」なのです。

(実際は家の形状によって、足場など必要になってくる場合もあるのですが、私自身が設計する場合は塗装回数も多くなる板壁等は脚立程度で済む高さまでとして、他はメインテナンス間隔の長い塗り壁とする等、できるだけ工夫をしています。)

                 

これまでのコメント

  • 土岐 由美子 より:

    great help
    早速お返事いただきありがとうございます。
    そうですね。ユーロを取り寄せて塗ってみます。
    結果はまた報告いたします。
    再度、本当にありがとうございました。
    新たな週、お仕事頑張ってください。

  • 伊那の大工(管理人) より:

    Unknown
    土岐様はじめまして。

    私は大阪塗料の「ユーロ」という植物オイルをベースとした塗料を主に使っています。

    「リボス」や「オスモ」といった輸入品も使ってみましたが、塗料の耐久性は各製品とも大差なさそうでしたので、一番リーズナブルな上記製品を選択するに至りました。

    ウッドロングエコについては賛否両論あるようです。
    もしかすると色が変わってきているだけでその効果は続いているのかもしれませんが、私もあの水ジミのようなムラがどうしても気になりましたので、使用したことはありません(塗り重ねるとどうなるのでしょうか?)。

    とりあえず400mlや1Lといった小さな缶をを取り寄せて、実際に外壁に塗ってみることをお勧めいたします。

    他にもご相談があるようでしたら左の自己紹介欄に記載されているアドレスまで所までお気軽にどうぞ。

  • 土岐 由美子 より:

    教えてください
    興味深く読まさせていただきました。実は私、外壁にwood long-ecoという塗料を自分たちで塗りました。経済的で1度塗れば、何十年も塗り替え不要ということだったのですが、直後から色のむらが気になっています。現在9年を経過し、何とかしたいと思っているのですが、具体的に何を塗ればよいのか迷ってそこから進めずにいます。
    貴方様に、建築をお願いした者ではありませんが、相談にのっていただくこと可能でしょうか?お返事いただければありがたいです。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

セルフビルドのすゝめ 大工を生業として25年。趣味の長距離走、渓流魚との戯れなど日々の思いを綴ってみます。

Copyright©建築工房 富澤,2013 All Rights Reserved.