建築工房 富澤

ブログ

納得

  カテゴリー:ブログ, 日記  タグ:

 

我が家にある車は皆、いわゆる「4」ナンバーの貨物車。

主に仕事で使う1.5tトラック(いすゞ「エルフ」)と軽トラ(ホンダ「アクティー」)はともかく、カミさんが普段使いしている車もトヨタの商用車である「サクシード」。

実用本位で選んでいった結果、そのようなラインナップになったわけで、いずれも快適性などはたいして考慮はしていませんでした。

特に「サクシード」に至っては、以前の乗用車が事故廃車となってしまい、いろいろ選ぶ選択肢もなく手っ取り早く手に入るという、きわめておざなりな決断でした。

窓はすべて手動、オートロックなし、電動ミラーもなし、当然マニュアルシフト。

当初は次の車を選ぶまでの中継ぎ・・・くらいに思っていたのですが、いざ乗ってみるとこれがすこぶる快適なのです。

適度な硬さのサスペンション、思い通りに操れるハンドリング、そして直進安定性。

その性能は高速での長距離移動などの際はより発揮されます。

今まで乗ってきた乗用車(ホンダ 「オデッセイ」  トヨタ 「カローラ」)では眠気に襲われることが多々あったのですが、その適度な硬さのサスとマニュアルシフトのためか、常にある一定の緊張感を強いられ眠くなりません。

かといって荒れた路面で振られるようなこともなく、安心して走らせることができる。

もしかしたらこれは車に求められる絶対必要条件をすべて満たしている名車ではないか(誉め過ぎ?)と密かに思っていたところ、上記の本を見つけたわけです。

中身は読んでからのお楽しみとしますが、要は商用車というのは長距離、長時間運転でもドライバーが快適に車を走らせることを前提に設計されているということ。

私が感じたフィーリングは至極当然のものであったわけです。

現在、売られている車は、見た目の装備やデザインでいかに差別化を図るかに重点がおかれ、本来、車に要求されるであろう基本的なことが二の次になってしまっている・・・とまでは書かれていませんが、私はそのように解釈しました。

 

ひるがえって我が仕事。

住宅に本来求められることも同じはず。

いかに長期間に亘って快適に過ごすことができるか、これが多くの方が求む必要条件のはず。

その解をもとめていく作業が我々に課された使命なのかもしれません。

 

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

納得 大工を生業として25年。趣味の長距離走、渓流魚との戯れなど日々の思いを綴ってみます。

Copyright©建築工房 富澤,2018 All Rights Reserved.