建築工房 富澤

ブログ

けっして派手ではないけれど

  カテゴリー:仕事  タグ:

近所の一人暮らしのおばあちゃんちのお風呂場・トイレの改装工事にとりかかっています。

昭和24年に建てられた古い民家。

「差し鴨居」「足固め」といった昔ながらの部材を使った建物で、戦後モノのない時代によくこれだけ集めて建てたものだと思います。

弱点となってしまっている基礎からしっかり見直すことができれば理想なのでしょうが、このあと誰が住み続けていくのか決まっていない建物。

限られた予算の中で、まずは現在暮らしているおばあちゃんの生活を少しでも快適なものにする。そんな思いを背負っての仕事です。

 

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

けっして派手ではないけれど 大工を生業として25年。趣味の長距離走、渓流魚との戯れなど日々の思いを綴ってみます。

Copyright©建築工房 富澤,2017 All Rights Reserved.