「請負う」ということについて

     2016/09/13

notes1

notes2 

「建築工房 富澤」は会社組織ではありませんので、基本的に従業員はいません。
大工をはじめとして、基礎、屋根、設備、左官、建具などそれぞれ独立した自営業者の協力によって一軒の家を造り上げていっています。

大工でもある私、富澤が、打合せ、見積、現場監理、施工などすべてを担当しています。
よって、年間にこなせる仕事量は、新築一棟ほか改修などが数件といったところが限界です。
段取りなどを工夫し、より効率のよい仕事ペースをつくり上げていくことは常に心がけておりますので、お許しください。

さて、最近、お施主さんが直接請負者となって、各職方にそれぞれ仕事を依頼するという仕事の形態を耳にします(設計事務所がその代行者となっているケースも見受けられます)。
相見積をとってできるだけ安く仕事を発注したいという、主に経済性を重視した観点からの発想なのでしょうが、果たして、初対面の職方さん達の技量を一枚の見積書から見抜くことができるのでしょうか?

職方さん達の仕事は、マスプロメイドされた工業製品とは違います。
同じ材料を選んで仕事をしてもらっても、その仕上がりはそれぞれです。
何度も繰り返し、仕事を依頼してきたメンバーであってはじめて、その仕事が金額が見合ったものであるかわかるようになると私は思います。

また、お互いが気持よく仕事を続けていくために、譲ったり譲られたりもしばしばです。
そんな職方さんたちの心意気まで含めて、見積書を読みぬかねばならないのです。

そんなことが一朝一夕にできるでしょうか?
長年の信頼関係があってはじめてわかるものではないでしょうか。

私にとって職方さんはいわば運命共同体でもあって、お互いの生活がかかった仲間であり、これからもお世話になっていかねばならない方達です。

そんな方達と共に、依頼された仕事をこなす。
それが請負者である私の役目であると思っています。

 -建築について思うことつれづれ

  関連記事

住宅版エコポイントに怒る

住宅版エコポイントに関する講習会に参加し、その内容を確認してきました。 要は、省 …

住んで暮らしてはじめてわかること

初めて暮らす住宅の冬ですが、やはり良い事ばかりではありません。 今までの、外気と …

まずは見ることから

三時のお茶すぎ、一日の仕事も終盤にかかり始めた頃現場に可愛いお客さんがやってきま …

数値をとるか感覚をとるか

ここのところの寒波はこの冬一番の冷え込みをもたらしているようです。 我が家の外の …

思うこと

  今回の台風そして立て続けの北海道での地震の被害に遭われた方にあらた …

新建材の行く末

築50年を超える住宅の営繕に入っています。 これくらいの住宅ですと、新築当時その …

手描きの行く末

「えっいまだに」といわれそうですが、私はまだ手描きで図面をひいています。 CAD …

丸太仕事

木というのは、すべて素直にまっすぐ育っていてくれる訳ではなく、その立地条件によっ …

自然素材を相手にするということ

建前も一段落し、板金屋さんが屋根工事中。 ようやく雨漏りの心配もなくなり、一安心 …

高気密をあなどると・・・

先日お引渡した現場。 実は当初のプランにはなかった薪ストーブが途中から設計変更で …

PAGE TOP