明日から始動

  

 

明日からの現場始動にそなえて今晩は毎年恒例の道具の手入れ。

けっしてほめられるような研ぎ技を持ち得ているわけではありませんので、こうして刃物を見せるのはお恥ずかしい限りなのですが、まあありのままでということで・・・。

それにしてもこうして刃物と向き合っていると、雑念が取り払われ、ただひたすら研ぎに集中する「無」の境地に入れる気がします。

なにかこうガサガサした気分の時は向き合う気すら起きませんので、こうして区切りの時を自分に課し、なかば強制的にその時間を作り出しているのがホントのところなのです・・・。

最後には家人から「せっかくだから包丁も研いでおいて」とのこれまたいつもどおりの要求。

仕事道具と勝手が違いおざなりになりがちで、とても大工の家の包丁とは思えないとボヤかれることシバシバです。

たいていの場合、道具の研ぎが終わったあと片付け仕事でこなしているため、そんな仕上がりになってしまっていると言い訳をしておきます。

今年も寒さで指先の感覚がなくなりつつもなんとかノルマ達成。

とりあえず新年最初の仕事に間に合わせることができそうです。

 

 

 

 

 

 -ブログ, 仕事

  関連記事

ふくいくたる香りに包まれて

街中がキンモクセイの香りに包まれる季節になりました。 暑かった夏が過ぎ、これから …

現場にて

  ここのところ毎日立ち寄ってくれる、よちよち歩きの赤ちゃん(11ヶ月!)とお母 …

やはり・・・

    知り合いの解体屋さんから、浴室をユニットバスに改修す …

夏休みを取り戻しに

この夏は仕事に追われなかなか遊びに行けませんでした。 それでもこれだけは、と、や …

先が見えてからが長いのです

南流山の家、ようやく先が見えてきました。 昨日の台風に備え、足場のネットも取り外 …

縁の下の力持ち

  今週末(11/4)に伊那市ますみヶ丘にて「森joy」というイベント …

伊那市F邸

カメラマンに撮っていただいた写真ができあがってきました。 外内壁すべて塗り壁はセ …

インフル禍

寒風吹きすさぶ中での連日の作業が続いていた頃、家族にインフルエンザの兆候が見られ …

民家改修

現在、高遠町旧三義村の旧い民家の水周り改修工事に入っています。 元の建物はいつ頃 …

同い年

今度の現場はちょうど私と同い年の昭和39~40年頃築造の街中にある店舗。元々、学 …

PAGE TOP