高気密をあなどると・・・

     2019/05/02

先日お引渡した現場。

実は当初のプランにはなかった薪ストーブが途中から設計変更で設置されることになりました。

その対策として床補強などは十分に施していたのですが、給気は当初設計のままでしたので若干の不安が残っていました。

果たして・・・予想が当たってしまいました

考えてみれば薪ストーブというのは、とても大きな燃焼装置です。

あれだけ太い排気筒(煙突)なのですから、それに見合った給気も必要なわけです。

そこで床下換気用に確保していた給気口からダイレクトに薪ストーブに持っていく通路を確保してみました。

 

結果は・・・こんな感じ

 

 

100点満点というわけにはいきませんが、とりあえず給気側でできる対策としては及第点ギリギリといったところでしょうか。

あとは排気側の引きを強くするために、煙突の延伸などの対策をご提案をさせていただいている状況です。

 

それにしても高気密恐るべし。

けっしてあなどってはいけません。

場合によっては一酸化炭素中毒なども十分にあり得ます。

皆様も十分にご注意を。

 

 -ブログ, 建築について思うことつれづれ,

  関連記事

一年ぶりの

長野マラソンまであと2ヶ月。 まずは走りきれないことには話にならないので、今朝は …

新建材の行く末

築50年を超える住宅の営繕に入っています。 これくらいの住宅ですと、新築当時その …

チーム練習

  今日は新年初の所属しているマラソンチーム「ちーむもみじ」の練習会。 伊那市西 …

なんとか無事に

  伊那市F様邸の建方~屋根まとめが完了しました。 なにしろこの暑さの …

いよいよ春

気づけばもう弥生3月も9日目。 だいぶ陽射しも柔らかに感じられるようになってきま …

インフル禍

寒風吹きすさぶ中での連日の作業が続いていた頃、家族にインフルエンザの兆候が見られ …

ありがとう そして お疲れ様

          &nbsp …

素材選択の大切さ

先日来、築50年以上経った住宅の営繕に入っています。 主な作業内容は、シロアリで …

思うこと

  今回の台風そして立て続けの北海道での地震の被害に遭われた方にあらた …

縁の下の力持ち

  今週末(11/4)に伊那市ますみヶ丘にて「森joy」というイベント …

PAGE TOP