高気密をあなどると・・・

     2019/05/02

先日お引渡した現場。

実は当初のプランにはなかった薪ストーブが途中から設計変更で設置されることになりました。

その対策として床補強などは十分に施していたのですが、給気は当初設計のままでしたので若干の不安が残っていました。

果たして・・・予想が当たってしまいました

考えてみれば薪ストーブというのは、とても大きな燃焼装置です。

あれだけ太い排気筒(煙突)なのですから、それに見合った給気も必要なわけです。

そこで床下換気用に確保していた給気口からダイレクトに薪ストーブに持っていく通路を確保してみました。

 

結果は・・・こんな感じ

 

 

100点満点というわけにはいきませんが、とりあえず給気側でできる対策としては及第点ギリギリといったところでしょうか。

あとは排気側の引きを強くするために、煙突の延伸などの対策をご提案をさせていただいている状況です。

 

それにしても高気密恐るべし。

けっしてあなどってはいけません。

場合によっては一酸化炭素中毒なども十分にあり得ます。

皆様も十分にご注意を。

 

 -ブログ, 建築について思うことつれづれ,

  関連記事

手刻みへのこだわり

現在、木造住宅のその構造部分(柱や梁といった根幹をなす部分)は、コンピュータ制御 …

煙対策

  我が家の給湯器は薪を燃料とした「ウッドボイラー」。 現場で出る廃材 …

丸太仕事

木というのは、すべて素直にまっすぐ育っていてくれる訳ではなく、その立地条件によっ …

まずは見ることから

三時のお茶すぎ、一日の仕事も終盤にかかり始めた頃現場に可愛いお客さんがやってきま …

独りよがりではいけない

今、手掛けている工事は近所に住む一人暮らしのおばあちゃんの家の手直し(ムラの中に …

スマホ不調再び

昨年 熱暴走してしまった我がスマホ(富士通 Arrows M02)。 今年も全く …

師走

    今年も残すところあと2週間。 ほんとにアッという間に時が過ぎて …

再会

この冬に竣工した伊那市F邸。 こちらのFさんに引き合わせてくれたのが、その土地の …

作業場リセット

  今日は雨降り。 予定していた外作業がままならないので、数年に一回やるかやらな …

こころ踊らせて

土曜深夜(早朝)のSA。 行楽地や故郷に帰省するとおぼしき車が多く停まっています …

PAGE TOP