丸太仕事

     2016/09/16

notes18
木というのは、すべて素直にまっすぐ育っていてくれる訳ではなく、その立地条件によってクセをもった成長をしています。

特に、ここ上伊那周辺でも普通に見られる赤松はほとんど曲がっているといっても過言ではないでしょう。
昔はその曲がった特性を利用して、屋根の重みを支える重要な梁として重用されてきた訳ですが、最近のプレカット化(機械による刻み加工)によって、単なる欠点だらけの材料になり下がってしまっています。

現在、建物を建てる予定の地にも沢山の赤松が育っていた訳ですが、それをすべてタキモノなどにしてしまうのはしのびなく、できる限り使う方針で設計をしてみました。

と、図面を引くまでは簡単なのですが、いざ使うとなると、そうは問屋がおろしません。なにしろ一本一本曲がりが違う訳ですから、それらをうまく組み合わせ、納まるように工夫しなければなりません。
横に打つ水墨(基準となる線)も、二度三度と試行錯誤の上決めていきます。

こうして決めた墨にしたがって刻み、そして仮組。
ここで高さなどの最終チェックをしてようやく完成となるのです。
notes19
これだけ手間がかかる作業ですので、そう何本も簡単に採用とはいきませんが、そこに住む人が、その梁から、少しでも実際に育っている木を想像できるような建物にできれば、大工として喜ばしい限りです。

 -建築について思うことつれづれ

  関連記事

素材選択の大切さ

先日来、築50年以上経った住宅の営繕に入っています。 主な作業内容は、シロアリで …

建材の寿命

浴室改修工事に入っている現場では、土台の交換のため床下にもぐることになりました。 …

改修工事に学ぶ

「どうも床がフワフワする」という相談を受け、先日来、浴室の改修工事に入っています …

独りよがりではいけない

今、手掛けている工事は近所に住む一人暮らしのおばあちゃんの家の手直し(ムラの中に …

丸太は自由だ

墨付けも佳境に入り、先日より丸太梁の墨に取り掛かりました。 この丸太梁。 何が面 …

墨付け開始

現場の墨付けが始まりました。 樹木として役目を終えた木に再び命を吹き込む作業。 …

自然素材を相手にするということ

建前も一段落し、板金屋さんが屋根工事中。 ようやく雨漏りの心配もなくなり、一安心 …

労働の結晶

現場の方は外周りの板壁や塗り壁の部分は終わり、現在内部の床を張り始めています。 …

高気密をあなどると・・・

先日お引渡した現場。 実は当初のプランにはなかった薪ストーブが途中から設計変更で …

住宅版エコポイントに怒る

住宅版エコポイントに関する講習会に参加し、その内容を確認してきました。 要は、省 …

PAGE TOP