丸太仕事

     2016/09/16

notes18
木というのは、すべて素直にまっすぐ育っていてくれる訳ではなく、その立地条件によってクセをもった成長をしています。

特に、ここ上伊那周辺でも普通に見られる赤松はほとんど曲がっているといっても過言ではないでしょう。
昔はその曲がった特性を利用して、屋根の重みを支える重要な梁として重用されてきた訳ですが、最近のプレカット化(機械による刻み加工)によって、単なる欠点だらけの材料になり下がってしまっています。

現在、建物を建てる予定の地にも沢山の赤松が育っていた訳ですが、それをすべてタキモノなどにしてしまうのはしのびなく、できる限り使う方針で設計をしてみました。

と、図面を引くまでは簡単なのですが、いざ使うとなると、そうは問屋がおろしません。なにしろ一本一本曲がりが違う訳ですから、それらをうまく組み合わせ、納まるように工夫しなければなりません。
横に打つ水墨(基準となる線)も、二度三度と試行錯誤の上決めていきます。

こうして決めた墨にしたがって刻み、そして仮組。
ここで高さなどの最終チェックをしてようやく完成となるのです。
notes19
これだけ手間がかかる作業ですので、そう何本も簡単に採用とはいきませんが、そこに住む人が、その梁から、少しでも実際に育っている木を想像できるような建物にできれば、大工として喜ばしい限りです。

 -建築について思うことつれづれ

  関連記事

まずは見ることから

三時のお茶すぎ、一日の仕事も終盤にかかり始めた頃現場に可愛いお客さんがやってきま …

手刻みへのこだわり

現在、木造住宅のその構造部分(柱や梁といった根幹をなす部分)は、コンピュータ制御 …

煙対策

  我が家の給湯器は薪を燃料とした「ウッドボイラー」。 現場で出る廃材 …

完成見学会雑感

近所で県内でも有数の木造住宅着工件数を誇る会社の住宅完成見学会があり、それに出か …

企業の姿勢

ほぼ毎日、走りのお伴に愛用してきた心拍計測機能のついた時計が動かなくなりました。 …

セルフビルドのすゝめ

私の現場はお施主さん自ら家づくりに従事してもらう(セルフビルド)事が多々あります …

自然素材を相手にするということ

建前も一段落し、板金屋さんが屋根工事中。 ようやく雨漏りの心配もなくなり、一安心 …

手描きの行く末

「えっいまだに」といわれそうですが、私はまだ手描きで図面をひいています。 CAD …

労働の結晶

現場の方は外周りの板壁や塗り壁の部分は終わり、現在内部の床を張り始めています。 …

「請負う」ということについて

  「建築工房 富澤」は会社組織ではありませんので、基本的に従業員はいません。 …

PAGE TOP