手描きの行く末

     2016/09/16

notes21
「えっいまだに」といわれそうですが、私はまだ手描きで図面をひいています。

CADが使えないと言われればそれまでですが、どうしてもやる気が起きないのです。
効率が良いのはわかります。データを残すのも様々な方法があります。訂正も簡単でしょう。
世の流れがそちらへいってしまうのは至極当然のことといえます。

しかし、その一見体裁の整った図面を見ても、設計者の思いが伝わってこないのです。作る意欲も湧いてこないのです。

何故なんでしょう。

ある風景を記録として残したいと思う時、写真を撮る方法、スケッチする方法、大きく分けて二つの方法があると思います。
正確さという点では、写真の方が多分上でしょう(それなりの技術は要すと思いますが)。
一方スケッチは上記の点では劣りますが、その人の思い、強調したいことが、より濃く現れてくるものと私は思います。

同じようなことが、CAD、手描きそれぞれの図面についてもいえるのではないか。
私はそう考えています。

建築図面ですから、やはり正確な寸法、納まりは要求されます。(納まらない図面も時にあり、施工者を泣かせますが・・・)
が、逆にいえば最低限それだけのものが揃っていれば、仕事をすることは可能な訳です。

そこで、施工者のやる気をくすぐるのにはどうしたらよいのか?

私は、機械的に描かれたCAD図面よりも、一本一本の線が生きた手描き図面にとてもそそられて(?)しまいます。
この思いをなんとか形にしてやろうという、気持が湧いてきます。

幸い、私の周りにはまだそういった気概をもって図面を引いている設計屋さんが、まだまだいてくれます。
私自身も、そういった仲間に倣って、拙いながらも描いています。
線を引いた時点で、もうモノづくりが始まっている。そんな気にさえしてくれるのです。

しかし、今日お世話になっているコピー屋さんで青焼きを依頼したところ、機械の故障のためすぐには対応できないと断られてしまいました。修理をするかどうかも今のところ未定とのこと。何しろ最近はほとんど青焼きの依頼もないので処分しようと考えているとのことでした。

白焼き(通常の普通紙コピー)であれば対応できるわけですので、そんなに嘆くものではないのかもしれませんが、手描きと青焼きがセットになってしまっている私にとっては一大事です。

手描き、青焼き・・・すべて過去のものとなってしまうのでしょうか。

 -建築について思うことつれづれ

  関連記事

手描きの意味

次の仕事が始まりました。 現在はプランニングをしながら図面を起こしている段階なの …

企業の姿勢

ほぼ毎日、走りのお伴に愛用してきた心拍計測機能のついた時計が動かなくなりました。 …

丸太仕事

木というのは、すべて素直にまっすぐ育っていてくれる訳ではなく、その立地条件によっ …

まずは見ることから

三時のお茶すぎ、一日の仕事も終盤にかかり始めた頃現場に可愛いお客さんがやってきま …

「請負う」ということについて

  「建築工房 富澤」は会社組織ではありませんので、基本的に従業員はいません。 …

墨付け開始

現場の墨付けが始まりました。 樹木として役目を終えた木に再び命を吹き込む作業。 …

新建材の行く末

築50年を超える住宅の営繕に入っています。 これくらいの住宅ですと、新築当時その …

素材選択の大切さ

先日来、築50年以上経った住宅の営繕に入っています。 主な作業内容は、シロアリで …

丸太は自由だ

墨付けも佳境に入り、先日より丸太梁の墨に取り掛かりました。 この丸太梁。 何が面 …

改修工事に学ぶ

「どうも床がフワフワする」という相談を受け、先日来、浴室の改修工事に入っています …

PAGE TOP