住んで暮らしてはじめてわかること

     2016/09/16

notes27
初めて暮らす住宅の冬ですが、やはり良い事ばかりではありません。
今までの、外気とそう大差ない空間では経験できなかったこと、そう結露があります。

近年の住宅の窓は、ペアガラスに樹脂コーティング枠と、以前のモノに比べればだいぶ断熱性能が上がり、結露はしずらくはなってきています。
しかし、厳冬期の今は外気-10℃室内20℃その差30℃はザラで、やはり結露からは逃れられません。

特に浴室など、より温度差があり、かつ湿度の高い場所では結露水は写真の様につららと化してしまいます。
実は今まで他の方の住宅を施工させていただいた時には、これを防ぐために水切りなどの対策を施してきたのですが、自宅ですのでまあいいかと、安易に施工した結果、こんなことになってしまいました。

やはり手を抜けば結果は明らかです。
それにしてもこれが自宅で良かった。
他の現場でしたら、再施工のケースです。

こんな不具合も含め、実際に暮らし始めてみて気付くことがなんと多い事か。
やはり施工サイドからだけでは見えてこなかった点が体験できるというのはとても貴重です。

 -建築について思うことつれづれ

  関連記事

「請負う」ということについて

  「建築工房 富澤」は会社組織ではありませんので、基本的に従業員はいません。 …

どちらがわかりずらい?

  先日の新聞記事。 確かに学校では習わぬ「尺」単位。 ですが多くの人 …

建材の寿命

浴室改修工事に入っている現場では、土台の交換のため床下にもぐることになりました。 …

企業の姿勢

ほぼ毎日、走りのお伴に愛用してきた心拍計測機能のついた時計が動かなくなりました。 …

高気密をあなどると・・・

先日お引渡した現場。 実は当初のプランにはなかった薪ストーブが途中から設計変更で …

自然素材を相手にするということ

建前も一段落し、板金屋さんが屋根工事中。 ようやく雨漏りの心配もなくなり、一安心 …

設計士さんと仕事をするということ

今まで携わってきた新築現場の約2/3は自分以外の方の設計された建物でした。 当然 …

改修工事に学ぶ

「どうも床がフワフワする」という相談を受け、先日来、浴室の改修工事に入っています …

丸太は自由だ

墨付けも佳境に入り、先日より丸太梁の墨に取り掛かりました。 この丸太梁。 何が面 …

独りよがりではいけない

今、手掛けている工事は近所に住む一人暮らしのおばあちゃんの家の手直し(ムラの中に …

PAGE TOP