住んで暮らしてはじめてわかること

     2016/09/16

notes27
初めて暮らす住宅の冬ですが、やはり良い事ばかりではありません。
今までの、外気とそう大差ない空間では経験できなかったこと、そう結露があります。

近年の住宅の窓は、ペアガラスに樹脂コーティング枠と、以前のモノに比べればだいぶ断熱性能が上がり、結露はしずらくはなってきています。
しかし、厳冬期の今は外気-10℃室内20℃その差30℃はザラで、やはり結露からは逃れられません。

特に浴室など、より温度差があり、かつ湿度の高い場所では結露水は写真の様につららと化してしまいます。
実は今まで他の方の住宅を施工させていただいた時には、これを防ぐために水切りなどの対策を施してきたのですが、自宅ですのでまあいいかと、安易に施工した結果、こんなことになってしまいました。

やはり手を抜けば結果は明らかです。
それにしてもこれが自宅で良かった。
他の現場でしたら、再施工のケースです。

こんな不具合も含め、実際に暮らし始めてみて気付くことがなんと多い事か。
やはり施工サイドからだけでは見えてこなかった点が体験できるというのはとても貴重です。

 -建築について思うことつれづれ

  関連記事

結い

友人の大工の建前の応援に、一週間ほど安曇野市豊科まで通っていました。 連日の猛暑 …

まずは見ることから

三時のお茶すぎ、一日の仕事も終盤にかかり始めた頃現場に可愛いお客さんがやってきま …

独りよがりではいけない

今、手掛けている工事は近所に住む一人暮らしのおばあちゃんの家の手直し(ムラの中に …

手描きの行く末

「えっいまだに」といわれそうですが、私はまだ手描きで図面をひいています。 CAD …

設計士さんと仕事をするということ

今まで携わってきた新築現場の約2/3は自分以外の方の設計された建物でした。 当然 …

新建材の行く末

築50年を超える住宅の営繕に入っています。 これくらいの住宅ですと、新築当時その …

思うこと

  今回の台風そして立て続けの北海道での地震の被害に遭われた方にあらた …

セルフビルドのすゝめ

私の現場はお施主さん自ら家づくりに従事してもらう(セルフビルド)事が多々あります …

丸太仕事

木というのは、すべて素直にまっすぐ育っていてくれる訳ではなく、その立地条件によっ …

自然素材を相手にするということ

建前も一段落し、板金屋さんが屋根工事中。 ようやく雨漏りの心配もなくなり、一安心 …

PAGE TOP