丸太は自由だ

     2016/09/16

notes30
墨付けも佳境に入り、先日より丸太梁の墨に取り掛かりました。

この丸太梁。
何が面白いって、その納め方に取り決めがないこと。
平角に製材された物の場合、通常その上端が基準となる水墨(水平の基準)になるのですが、丸太にはそれが存在しないため、まずそれを決めなければならないのです。

丸太の張り具合、掛ける梁や掛かって来る梁の具合を考慮しながらその高さを決めていくのです。
一発で決まれば気持もいいのでしょうが、なかなかそういう訳にはいかず、このくらいにしてみようか、いや前の方がよかったなと逡巡しながら決めていくいことがしばしばです。

以前はこれをするのに水糸を張り、実際に墨を打つという手間のかかる作業が必要だったのですが、最近ではレーザー墨出し器なるものが登場し、簡単にその高さをシュミレーションできるようになってきました。
加えてこの墨出し器、垂直方向の墨も簡単に出すことができますので、とても都合が良いのです。

そんな最新機器の力も借りての作業ですが、どのように納めるかは、結局墨付けする人間の感性にかかってきます。

そこに自信があるとはとてもいえませんので、とにかく無難にさりげなく納まってくれるよう願いながらの作業が今日も続きます。
notes31

 -建築について思うことつれづれ

  関連記事

墨付け開始

現場の墨付けが始まりました。 樹木として役目を終えた木に再び命を吹き込む作業。 …

改修工事に学ぶ

「どうも床がフワフワする」という相談を受け、先日来、浴室の改修工事に入っています …

住宅版エコポイントに怒る

住宅版エコポイントに関する講習会に参加し、その内容を確認してきました。 要は、省 …

丸太仕事

木というのは、すべて素直にまっすぐ育っていてくれる訳ではなく、その立地条件によっ …

労働の結晶

現場の方は外周りの板壁や塗り壁の部分は終わり、現在内部の床を張り始めています。 …

どちらがわかりずらい?

  先日の新聞記事。 確かに学校では習わぬ「尺」単位。 ですが多くの人 …

高気密をあなどると・・・

先日お引渡した現場。 実は当初のプランにはなかった薪ストーブが途中から設計変更で …

数値をとるか感覚をとるか

ここのところの寒波はこの冬一番の冷え込みをもたらしているようです。 我が家の外の …

新建材の行く末

築50年を超える住宅の営繕に入っています。 これくらいの住宅ですと、新築当時その …

企業の姿勢

ほぼ毎日、走りのお伴に愛用してきた心拍計測機能のついた時計が動かなくなりました。 …

PAGE TOP