手描きの意味

     2016/09/16

notes35
次の仕事が始まりました。

現在はプランニングをしながら図面を起こしている段階なのですが、相変わらずドラフターと鉛筆で描いています。
CADにトライしたこともあったのですが、どうしても馴染むことができず、再び舞い戻ってきてしまいました。

今の時代CADくらい使いこなさなければ・・・そんな負い目もないといえばウソになりますが、心の中で師と仰ぐ建築家の丹呉明恭氏はこう語っています。

「私は今でも製図板とT定規を使って図面を描いています。この時我々は何をしているかというと大工に『なって』いるんです。設計屋さんはCADを使うようになってこの『なる』という能力が小さくなってしまいました。ものづくりの設計者としてそれによって何を失ったのか真剣に考えなければいけない。」

まさにそのとおり。
私も図面を引いている時は最終的な仕上がりを思い描きながら材への墨付けまで同時並行に行っている感覚なのです。
ですからその図面が仕上がった時に始まる見積、本物の材への墨付けへの移行はとてもスムーズです。
というよりその手順を踏まねばどちらへも進むことができぬというところが本当のところです。

傍目には何度も同じような線を引いてとても非効率に思えるかもしれませんが、我々のような大工兼設計屋はこうして手で描く事によって、図面を体の中に取り込み我がモノにしている訳ですから必須の作業といえるのかもしれません。
notes36

 -建築について思うことつれづれ

  関連記事

結い

友人の大工の建前の応援に、一週間ほど安曇野市豊科まで通っていました。 連日の猛暑 …

まずは見ることから

三時のお茶すぎ、一日の仕事も終盤にかかり始めた頃現場に可愛いお客さんがやってきま …

企業の姿勢

ほぼ毎日、走りのお伴に愛用してきた心拍計測機能のついた時計が動かなくなりました。 …

「請負う」ということについて

  「建築工房 富澤」は会社組織ではありませんので、基本的に従業員はいません。 …

丸太は自由だ

墨付けも佳境に入り、先日より丸太梁の墨に取り掛かりました。 この丸太梁。 何が面 …

素材選択の大切さ

先日来、築50年以上経った住宅の営繕に入っています。 主な作業内容は、シロアリで …

設計士さんと仕事をするということ

今まで携わってきた新築現場の約2/3は自分以外の方の設計された建物でした。 当然 …

独りよがりではいけない

今、手掛けている工事は近所に住む一人暮らしのおばあちゃんの家の手直し(ムラの中に …

手描きの行く末

「えっいまだに」といわれそうですが、私はまだ手描きで図面をひいています。 CAD …

手刻みへのこだわり

現在、木造住宅のその構造部分(柱や梁といった根幹をなす部分)は、コンピュータ制御 …

PAGE TOP