この時期は野山の変化が劇的です

  

現場の方は外部の大工工事がおわり、内部も床の下張りも完了、これからは鴨居敷居、内部板張り、家具等といった本格的な内部造作に入っていきます。

ほとんどの部材が直接目に触れるものばかりになりますので、気の抜けぬ作業の連続です。

そんな中、週末は4時間あまりの時間をかけできるだけ帰省しています。地区の行事やらPTA作業などといったことも理由の一つですが、それ以上に大きいのはこの時期の野山の劇的な変化。1週間留守にするだけで花などは旬が移っていってしまいます。

草刈の合間に汗をぬぐいながら、彼らを眺め、カメラに納めている時間は至福のひとときです。

出稼ぎもあと2ヶ月ほど。もうひと踏ん張りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 -ブログ, 日記

  関連記事

先が見えてからが長いのです

南流山の家、ようやく先が見えてきました。 昨日の台風に備え、足場のネットも取り外 …

クロスオーバーイレブン2017夏

  30年余前、一人暮らしの下宿で聴いていた懐かしのラジオ番組がこの夏も復活して …

もう少しで・・・

  8月に建前をした現場がいよいよ大詰めになってきました。 今回の現場 …

こころ踊らせて

土曜深夜(早朝)のSA。 行楽地や故郷に帰省するとおぼしき車が多く停まっています …

すき間時間を利用して

ここのところ2週間おきくらいに千葉と伊那を往復している生活が続いています。 そん …

たまには気分転換

予定していた仕事が少し早く片付いたので今朝は普段の早朝ランを少し延長して近所の権 …

縁の下の力持ち

  今週末(11/4)に伊那市ますみヶ丘にて「森joy」というイベント …

トラブルは突然に

「パーン バタバタバタッ キューッ!」 夜が白み始めた高速道路、眠気を一気に吹き …

謹賀新年

    バタバタの年末も、助っ人の応援もあってなんとか乗り切り穏やかな新年を迎え …

冬に備えて

  この時期になると、寒さ対策工事の依頼が多くなります。 なかでも窓ま …

PAGE TOP