お次はこちら

  

 

 

 

貨物車の究極ともいえる「軽トラ」のおはなし。

なにしろ車体サイズ、排気量が法的な制限から決められているなか、それこそ涙ぐましいまでの努力によって最大限の性能を引き出そうと各社で競い合っているカテゴリー。

現在、国内で生産しているのは3社のみ(スバルが撤退してしまったのがなんとも惜しい限り)。

そのいずれもがそれぞれの独自性を編み出し、我社のものが一番と作り上げている姿は、モノづくりを生業にしている者にとって共感すべき点が多々。

それにしても各社とも過積載(倍以上を想定)前提で設計していることに驚いたものの、それに耐えられなければユーザーにソッポを向かれてしまうというくだりには、このカテゴリーがいかに使い手重視で作られているかの証明ともいえ、大いに納得。

我が家の働き者も酷使によって傷は絶えぬものの、まだまだヒヨッコ頑張ってもらわねばと思いなおした良書。

 

 

 

 

 -ブログ, 日記

  関連記事

南信州ロードレース

  穏やかな師走の入りとなった12/2(日)、今年最後のレースとなる「 …

車入れ替え

自家用に使っていた乗用車でカミさんが接触事故を起こしてしまいました。 幸い双方に …

寒くなる前に・・・

  寒くなる前に・・・と頼まれていた、多分今年最後になるであろう現場が始まりまし …

なかなか程々にとはいかないもので・・・

ここのところ、現場、プランニング、見積と仕事が重なってしまい、一日をいくつにも区 …

底は越えたか・・・

2/9我が家の寒暖計で-11.5℃を記録。 どうやらここいらが今季の寒さの底のよ …

縁の下の力持ち

  今週末(11/4)に伊那市ますみヶ丘にて「森joy」というイベント …

2018長野マラソン

  20回目のフルマラソンになる長野マラソンを走ってきました。 記録は3:00: …

筋肉痛も癒えて

フルマラソンから1週間。 ようやく筋肉痛から開放され、今朝は久しぶりに少し長めの …

材料加工の日々

今週も金曜日から帰省し、連日作業場に籠っての材料加工が続いています。 抜けるよう …

ふたたび

    先週の峠ランに味(?)をしめ、今週もふたたび権兵衛峠へ。 前と同じコース …

PAGE TOP