建築工房 富澤

ブログ

いよいよ・・・

  カテゴリー:伊那市 事務所兼自宅  タグ:


とりかかってから約二カ月(計画段階から考えると1年近くになりますが・・・)、ようやく刻みも最終盤、来週末にはいよいよ建前ができるかという段階までたどりつきました。

今までは薄暗い工場の中で、コツコツと地味な作業を繰り返していたのですが、建前となるとそれが一変し、みな白日の下にさらけ出されるわけです。
うまくいって当たり前、間違いなどがあると、そこで仕事はストップしてしまうのですから、一時も気が抜けぬ、緊張の連続となります(まったくノーミスということはまずありませんので、常に臨機応変に対応せねばなりません)。

独立して15年近く。
大小含め十数件の仕事を手掛けてきましたが、やはり、どの工事の時も、「建前」の前は一番気が張り詰めます。

今、「建前」は世間のほとんどの現場では、工場で機械によって刻まれた材料(「プレカット」と呼ばれます)を組み立てるだけの、工事の中の単なる一過程になってしまっています。
コストなどを考えればそうならざるを得ないのかもしれませんが、一番気を使わなければならない部分を他人任せにしてしまうことが、どうしても私にはできないのです。

果たして、そんな大工のわがままが(敢えて「こだわり」は使いません)、お施主さんに理解してもらえるのかどうか・・・。

実物を見ていただいて、判断していただく。それしか私たちには方法がありません。

もしご興味をお持ちの方は、いつでもお気軽に見学にいらしてください。
現場は長野県伊那市西箕輪になります。

これまでのコメント

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

いよいよ・・・ 大工を生業として25年。趣味の長距離走、渓流魚との戯れなど日々の思いを綴ってみます。

Copyright©建築工房 富澤,2010 All Rights Reserved.