建築工房 富澤

ブログ

暴れん坊仕留められる

  カテゴリー:自然観察  タグ:

朝のジョギングの帰り道、近所の田んぼの脇で何やら人だかりが・・・。
覗いてみると、こいつ
が横たわっていました。

推定体重80kg超。
脇には村で一番の猟名人の「かく」さん。
どうも夜のうちに、交通事故に遭い弱っていたこいつを、朝方、田んぼに出てきた人が見つけ連絡。まだ向かってくる勢いがあったので仕留めたとのこと。

春先から経ヶ岳山麓一帯の畑を荒らしまわっていたヤツだぞと説明してくれます。
確かに私の畑も、だいぶ大きなイノシシに荒らされた形跡がありました。
カボチャからキュウリの苗に始まり、何からなにまで食い散らかされた惨状を見たときは、とても悔しい思いがしました。
しかし、こうしてまだ温もりがある状態で横たわっているヤツをみると、生きていくためには仕方がなかったんだろうな、という同情の念も湧いてきます。

ここのところ、イノシシに始まり、クマ、サル、カモシカに畑の作物が荒らされることが頻発し、こうした駆除は避けられぬ状況です。
しかし、一匹仕留めたところで、また別のヤツがそのテリトリーに侵入してくるので、被害が抑えられるのも、ごく一時的で、また同じような事になってしまうのは必至です。
何か根本的な対策を考えぬ事には、こうした「いたちごっこ」は永遠に続くことになるのかもしれません。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

暴れん坊仕留められる 大工を生業として25年。趣味の長距離走、渓流魚との戯れなど日々の思いを綴ってみます。

Copyright©建築工房 富澤,2010 All Rights Reserved.