建築工房 富澤

ブログ

とうとう

  カテゴリー:日記  タグ:


「政府は食品衛生法の放射能の暫定基準値を超える放射線量が福島県産の牛乳、茨城県産のホウレンソウとり検出されたと発表。厚労省が詳しくデータを分析し、出荷規制が必要かどうか検討すると述べた。」共同通信記事より

予想されていたとはいえ、最悪のシナリオになりつつあるのかもしれません。
このままでは福島、茨城はおろか関東地方全域あるいはもっと広い地域での土壌汚染が進む可能性があります。

この怒りを原発を推進させてきた電力会社、政府にぶつけるのはたやすい事ですが、この政策を支持し容認してきたのは私たち国民であり、少なくとも自分は、どこかに不安は抱えつつも、あれだけ安全というのだからまあ大丈夫なのだろうと、さして深くは考えずにきてしまいました。

とにかく今は、それこそ命懸けで作業されている方々を見守るしかありません。注水、冷却ポンプ再起動を成功させ、これ以上汚染が拡がらぬよう祈るしかありません。

原発が必要か否か。そんな自明のことを議論している場合ではなく、この事態を収拾させることに、全力を注ぐ時です。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

とうとう 大工を生業として25年。趣味の長距離走、渓流魚との戯れなど日々の思いを綴ってみます。

Copyright©建築工房 富澤,2011 All Rights Reserved.