建築工房 富澤

ブログ

正直には

  カテゴリー:日記  タグ:


五輪招致の決定だとされた首相の「原発事故はコントロールされている」発言。

当事者の東電研究員が「我々にはコントロールできていない」としているにもかかわらず、一国の代表者がこうも見え見えのホラを吹けるのかと呆れてしまいました。

多分、IOC委員もそれがホラだとは知りながらも、消去法のなかで東京を選択をしていったのだと想像されますが、
もし正直に「我が国の震災復興、原発自己処理のために経済の活性化が急務。
原発事故は決してコントロールされているとは言えないが、五輪の招致によって経済を活性化させ、その資金の一部をを事故処理に回したい。」そう述べたとしたら結果はどうだったでしょうか。

大人なんだからみんなそんなことは百も承知。
とにかく招致に成功したのだからいいじゃないか、そんな声が大多数なのかもしれませんが、子供達(いい大人も?)が無邪気に夢の五輪がやってくるなどとはしゃいでいる映像を見るにつけ、やはりここは「ホンネ」と「たてまえ」はかくも違うのだという事を正直に説明する必要性を強く感じたのです。

私達の業界でも、現場当事者からみれば明らかにそれは誇大広告だろうというものが多々見受けられます。
いちいちそんなものにケチをつける態度というのも見苦しいし、大人気ありませんので聞き流しておりましたが、一方でそれを信じてしまう人もいるのだと思うとやはりそれは罪つくりな事であり、正直に事実を伝えていく責務が我々にはある、そう思わせる反面教師の重い(軽い?)発言でした。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

正直には 大工を生業として25年。趣味の長距離走、渓流魚との戯れなど日々の思いを綴ってみます。

Copyright©建築工房 富澤,2013 All Rights Reserved.