建築工房 富澤

ブログ

クロスオーバーイレブンを聴きながら

  カテゴリー:その他, ブログ, 日記  タグ:

今年も残すところあと1日。

この時期の恒例になっている本年度の帳簿まとめに追われ一日中PCの前で缶詰め状態になっています。

確定申告の締め切りは3月中旬ですが、そんな中途半端な時期にまとまった事務仕事の時間が取れるはずはなく、現場仕事が休みになるこの年末年始が勝負になっています。

普段、こうして動かずモニターとにらめっこするのは苦痛以外の何物でもない私にとって、いまの唯一の楽しみは、ながらで聴けるラジオ。

特にこの時期は、「クロスオバーイレブン」が期間限定で復活するので、それを録音して作業中に流すことを楽しみに待っているのです。

この番組が毎晩夜11時からレギュラー流れていた当時私はまだ学生でした。

夜のバイトから帰宅し、一人寂しく下宿の部屋で共同のふろの順番を疲れ切った体で待ちながらボーっと聴いていた頃のことが、このオープニングテーマが流れ出した途端思い出されるのです。

毎晩のレギュラー放送が終わり、年に2回(お盆と正月)だけの放送になってから20年余り。

どうやら今年は新型コロナの影響もあってか、とうとう新作は無く、過去プログラムの再放送のみとなってしまいました。

そこで今年は自分でも録りためてあったプログラムも含め作業中に流しています。

それにしても、あらためて聴いてみてもなんと秀逸なプログラムの多いことか。

作業の手を止め、つい聴き入ってしまうこともしばしばです。

ナレーションを務める津嘉山正種氏の体調に異変があったのか?、気になることは多々ありますが、年2回が無理ならば1回だけでもいい、可能な限り続けてほしい、そう願わずにはいられない貴重な番組です。

 

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

クロスオーバーイレブンを聴きながら 大工を生業として25年。趣味の長距離走、渓流魚との戯れなど日々の思いを綴ってみます。

Copyright©建築工房 富澤,2020 All Rights Reserved.