建築工房 富澤

ブログ

久し振りのバイクいじり

  カテゴリー:その他  タグ:

一応、公式には三男用に確保したヤマハセロー。
こちらの売りはトレイルバイクながら始動が楽に行えるようにとセルモーターがついているということ。
確かにこれは便利ですが、旧いタイプのバイク乗りには、もしバッテリーが弱ってしまったらという不安がどうしてもつきまといます。
幸い初期型のセローはキック始動であったこともあって、いまでも純正パーツとしてキックアームセットを取り寄せることができるので、今回その不安を取り除くべく、取り付けにトライしてみました。

こちらがノーマル状態(すでにステップとリヤブレーキペダルは取り外し済み)。
クランクケース「YAMAHA]ロゴマークの横にキックアームが取り付く場所は存在します。固着したガスケットに苦労しながらもなんとかクランクケースを外しクラッチ部分を露出させます。
こんな風にクラッチを取り外さないとキックアーム用のパーツを取り付けることができません。

真ん中のロックナットの取り外しに苦労しながらもなんとか分解成功。
無事にキックアームパーツを取付・・・(クラッチ横シャフト)

めでたく取付終了、キック始動も一発OK、ホッと胸をなでおろしました。

それにしても、こうして手をかけていってしまうとますます手離しずらくなってしまうという悪循環。
いましばらく「大人のおもちゃ」として我が手元においてみることにしますか。
許せ三男!

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

久し振りのバイクいじり 大工を生業として25年。趣味の長距離走、渓流魚との戯れなど日々の思いを綴ってみます。

Copyright©建築工房 富澤,2021 All Rights Reserved.