建築工房 富澤

ブログ

再び千葉へ

  カテゴリー:仕事  タグ:


所属している大工仲間の組織「杢人の会」で100坪近くあるお寺の庫裡の工事を請け負いました。

工事全体を取り仕切ってくださるのは「工房 悠」の稲垣さん、そして「鴫原工務店」の鴫原さんなのですが、刻み、造作、家具建具などそれぞれの部分は、全国各地にいる仲間の大工が協力して行う段取りになっています。

私の担当は、主に土台や床梁の刻みから建て方まで。
量にして4t車丸々2台分の材木を刻まねばなりません。
加えて通常の住宅では使われぬような150*360(5寸*尺2寸)の8m材などがあり、動かすことすら一人では厳しいようなものばかり。

一年ぶりの刻み仕事に心踊るものがありますが、正月明け早々の建て方に合わせ、急ピッチで進めねばなりません。
心穏やかな暮れ正月を過ごすためには、これからの一か月が勝負になります。

さあて気合いを入れて頑張りますか!

                

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

再び千葉へ 大工を生業として25年。趣味の長距離走、渓流魚との戯れなど日々の思いを綴ってみます。

Copyright©建築工房 富澤,2010 All Rights Reserved.