建築工房 富澤

ブログ

省エネ住宅ポイント顛末

  カテゴリー:仕事  タグ:


「アベノミクス」の一環であろう「省エネ住宅ポイント」が昨日(10/21)で終了しました。

11月末日あるいは予算額に達したところで終了と広報はされていたわけですが、ここ数日間駆け込み申請が殺到したらしく、70%程度の達成率が2~3日のうちに一気に100%になってしまいました。

私も対象工事が完了したのが10/17(土)。
窓工事でしたのでその窓が適用条件を満たしている証明書の発行が必須。
が、メーカーにはその証明書発行依頼が殺到し、いつになるかわからないとの返答。
一時はポイント発行を諦めましたが、納品していただいた建材屋さんの「ウルトラC(?)」によってなんとかギリギリ間に合わせることができ、ムネをなでおろした次第です。

それにしても、こんな一時的カンフル剤に永続的な経済活性効果などあるのでしょうか?
多分次のこういったキャンペーンが張られるまで、多くの方は様子見でしょう。

締め切り間際のバタバタに振り回される、今回のようなケースはもうゴメンと声を大にして叫びたいところですが、依頼主さんあっての我々の生業。
次はもう少し余裕を持っての工事にしたいと今は心に誓っています(でもギリギリに依頼されても請けてしまうんでしょうね・・・)。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

省エネ住宅ポイント顛末 大工を生業として25年。趣味の長距離走、渓流魚との戯れなど日々の思いを綴ってみます。

Copyright©建築工房 富澤,2015 All Rights Reserved.