どちらがわかりずらい?

     2019/05/02

 

先日の新聞記事。

確かに学校では習わぬ「尺」単位。

ですが多くの人が暮らしている住宅は今でもこの単位をベースに間取りがつくられています(ちなみに八畳間は12尺*12尺)。

「~ピンとこない」と記事にありますが、畳の大きさは約3尺*6尺(6尺は1間)ですから、むしろ長さなどは想像しやすいのではないでしょうか(「畳」という単位を持っている我々はアドバンテージ大)。

これを無理にメートル表示にすると中途半端な数字が並ぶことになり、かえって計算などはしずらくなってしまいます。

尺貫法をめぐっては、それを計量する道具(差金やスケール)の販売禁止そしてその復権運動などもあり、現在では違法ではなく正式に販売できるようになっています。

世の中の多くのものが国際標準に合わせるようになってきていますが、それがむしろ複雑なものになってしまうのだとしたら本末転倒。

現政権の唱える復古主義に賛同するつもりなどサラサラありませんが、我々の身体に染み付いているであろう単位系の良さも見直し、後世に伝えていく必要もあると私は思います。

まずはピュアな子供達、学校教育からでしょうか。

 

 -ブログ, 建築について思うことつれづれ

  関連記事

大好物

はっきりとしない梅雨空が続くこの時期ですが、小さな時から楽しみにしているものがあ …

まな板の上のコイ

  伊那市F様邸。 明日から始まる建て方に備え、準備は整いました。 もう何があっ …

知らぬ間に

  ついこの前まで暑い暑いと汗をぬぐっていたのに・・・ もう朝晩は寒いくらい。 …

西箕輪高原マラソン

  地元公民館主催の「西箕輪高原マラソン」6kmの部に出場してきました …

筋肉痛も癒えて

フルマラソンから1週間。 ようやく筋肉痛から開放され、今朝は久しぶりに少し長めの …

やっぱりお前か

先月、熱暴走の症状が出た我がスマホ(富士通 M02)。 メーカーサービスの言われ …

手描きの意味

次の仕事が始まりました。 現在はプランニングをしながら図面を起こしている段階なの …

やはり・・・

    知り合いの解体屋さんから、浴室をユニットバスに改修す …

この時期は野山の変化が劇的です

現場の方は外部の大工工事がおわり、内部も床の下張りも完了、これからは鴨居敷居、内 …

ますみクロスカントリー

      伊那市ますみヶ丘で開催されたクロスカン …

PAGE TOP