どちらがわかりずらい?

     2019/05/02

 

先日の新聞記事。

確かに学校では習わぬ「尺」単位。

ですが多くの人が暮らしている住宅は今でもこの単位をベースに間取りがつくられています(ちなみに八畳間は12尺*12尺)。

「~ピンとこない」と記事にありますが、畳の大きさは約3尺*6尺(6尺は1間)ですから、むしろ長さなどは想像しやすいのではないでしょうか(「畳」という単位を持っている我々はアドバンテージ大)。

これを無理にメートル表示にすると中途半端な数字が並ぶことになり、かえって計算などはしずらくなってしまいます。

尺貫法をめぐっては、それを計量する道具(差金やスケール)の販売禁止そしてその復権運動などもあり、現在では違法ではなく正式に販売できるようになっています。

世の中の多くのものが国際標準に合わせるようになってきていますが、それがむしろ複雑なものになってしまうのだとしたら本末転倒。

現政権の唱える復古主義に賛同するつもりなどサラサラありませんが、我々の身体に染み付いているであろう単位系の良さも見直し、後世に伝えていく必要もあると私は思います。

まずはピュアな子供達、学校教育からでしょうか。

 

 -ブログ, 建築について思うことつれづれ

  関連記事

春の香りは良いけれど・・・

  春になって街角より様々な香りが漂いはじめました。 ジョギング中に嗅 …

まな板の上のコイ

  伊那市F様邸。 明日から始まる建て方に備え、準備は整いました。 もう何があっ …

お盆も終わり・・・

  お盆までには・・・ お盆には・・・ ひとつの目標にしてきた時がすぎてしまいま …

造作追い込み

造作もいよいよ追い込み。 直接目に付き手で触れる箇所の仕上げにかかっています。 …

西箕輪高原マラソン

  連休初日、地元公民館主催の「西箕輪高原マラソン」(6km)に出場し …

長野マラソン

長野マラソンに出場して来ました。 仕事などの都合でやりくりができず、今年初のレー …

壁塗りはセルフで

      大工工事がひとまず終わった伊那市M邸。 旦那さんは家具職人で木の扱い …

建材の寿命

浴室改修工事に入っている現場では、土台の交換のため床下にもぐることになりました。 …

師走

    今年も残すところあと2週間。 ほんとにアッという間に時が過ぎて …

no image
お気をつけあれ

どうやらネット詐欺なるものにひっかかってしまいました。 現場で使用する予定の材料 …

PAGE TOP