どちらがわかりずらい?

     2019/05/02

 

先日の新聞記事。

確かに学校では習わぬ「尺」単位。

ですが多くの人が暮らしている住宅は今でもこの単位をベースに間取りがつくられています(ちなみに八畳間は12尺*12尺)。

「~ピンとこない」と記事にありますが、畳の大きさは約3尺*6尺(6尺は1間)ですから、むしろ長さなどは想像しやすいのではないでしょうか(「畳」という単位を持っている我々はアドバンテージ大)。

これを無理にメートル表示にすると中途半端な数字が並ぶことになり、かえって計算などはしずらくなってしまいます。

尺貫法をめぐっては、それを計量する道具(差金やスケール)の販売禁止そしてその復権運動などもあり、現在では違法ではなく正式に販売できるようになっています。

世の中の多くのものが国際標準に合わせるようになってきていますが、それがむしろ複雑なものになってしまうのだとしたら本末転倒。

現政権の唱える復古主義に賛同するつもりなどサラサラありませんが、我々の身体に染み付いているであろう単位系の良さも見直し、後世に伝えていく必要もあると私は思います。

まずはピュアな子供達、学校教育からでしょうか。

 

 -ブログ, 建築について思うことつれづれ

  関連記事

丸太仕事

木というのは、すべて素直にまっすぐ育っていてくれる訳ではなく、その立地条件によっ …

巣立ち

  本日 三人兄弟末っ子の三男坊が全寮制高校への進学に伴い我が家を旅立って行きま …

続・寒中仕事

自宅脇の物置の移設作業。 当初は、全体をジャッキアップし、徐々に動かしていくつも …

おんたけ湖ハーフ

    台風が近づき開催が危ぶまれていた「おんたけ湖ハーフマ …

寒中仕事

大寒は過ぎたもののまだまだ寒中。 こんな時に・・・ととっておいた(?)自宅物置の …

続々・格闘中

相変わらず同い年の建物と格闘しています。 やはり屋根周り、特に水下側に当たる部分 …

数値をとるか感覚をとるか

ここのところの寒波はこの冬一番の冷え込みをもたらしているようです。 我が家の外の …

ふくいくたる香りに包まれて

街中がキンモクセイの香りに包まれる季節になりました。 暑かった夏が過ぎ、これから …

始動

最終的なプランが決まらず、なかなかスタートできなかったリフォーム工事の現場が今週 …

侵入者

街場のしかも交通量の多い県道沿いの現在の現場。 しかし、毎晩のように何者かが侵入 …

PAGE TOP