どちらがわかりずらい?

  

 

先日の新聞記事。

確かに学校では習わぬ「尺」単位。

ですが多くの人が暮らしている住宅は今でもこの単位をベースに間取りがつくられています(ちなみに八畳間は12尺*12尺)。

「~ピンとこない」と記事にありますが、畳の大きさは約3尺*6尺(6尺は1間)ですから、むしろ長さなどは想像しやすいのではないでしょうか(「畳」という単位を持っている我々はアドバンテージ大)。

これを無理にメートル表示にすると中途半端な数字が並ぶことになり、かえって計算などはしずらくなってしまいます。

尺貫法をめぐっては、それを計量する道具(差金やスケール)の販売禁止そしてその復権運動などもあり、現在では違法ではなく正式に販売できるようになっています。

世の中の多くのものが国際標準に合わせるようになってきていますが、それがむしろ複雑なものになってしまうのだとしたら本末転倒。

現政権の唱える復古主義に賛同するつもりなどサラサラありませんが、我々の身体に染み付いているであろう単位系の良さも見直し、後世に伝えていく必要もあると私は思います。

まずはピュアな子供達、学校教育からでしょうか。

 

 -ブログ, 仕事

  関連記事

困ったことに・・・

          &nbsp …

底は越えたか・・・

2/9我が家の寒暖計で-11.5℃を記録。 どうやらここいらが今季の寒さの底のよ …

急遽の登板

この週末からいよいよ千葉への材料運搬が始まります。 家一軒分の材料、4t車3台  …

トラブルは突然に

  「パーン バタバタバタッ キューッ!」 夜が白み始めた高速道路、眠 …

秋は

    街角にはキンモクセイの香り。 空は雲の劇場。 いよい …

間に合いました

寒さが本格化する前には・・・とお約束していた水周り(浴室・トイレ・脱衣)のリフォ …

南信州ロードレース

  穏やかな師走の入りとなった12/2(日)、今年最後のレースとなる「 …

作業場リセット

  今日は雨降り。 予定していた外作業がままならないので、数年に一回やるかやらな …

墨つけ開始

  次の現場が動きだしました。 今回も築50年を超える住宅で、もし全面的な耐震改 …

年末はこんなことを・・・

  作業場の屋根が吹き飛ばされた頃、近所の観光施設でこんなことをしていました。 …

PAGE TOP