建築工房 富澤

大工を生業として25年。趣味の長距離走、渓流魚との戯れなど日々の思いを綴ってみます。

連絡先住所

煙対策

     2019/05/02

 

我が家の給湯器は薪を燃料とした「ウッドボイラー」。

現場で出る廃材や木っ端まで燃料として利用できるためとても都合の良いもので重宝していました。

しかしこちらの排気は自然対流の煙突のみ。

燃やすモノあるいは燃やし方によっては多くの煙が発生し、風向きによってはご近所より苦情が出るまでになってしまっていました。

こちらの使用を諦め、太陽熱温水器などに変更するか否かだいぶ悩みましたが、

これからも燃料となる材は大量に発生しすること、太陽熱は冬場の利用は厳しいことなどのことより、煤煙処理装置の導入に踏み切ることにしました。

果たして結果は・・・

焚きだし時や燃料をくべた直後には若干の煙は見えますが、常時はほとんど確認できぬほどになります。

匂いは半減程度までと謳われているとおり、完全除去というわけにはいきませんが、だいぶ減っている印象はあります。

 

省エネという観点からみれば排気にエネルギー(電気・水道)を使うわけですから、けっして有効な手段とはいえません。

しかし人々の快適な暮らしは最優先事項。

そうであるならばこうした製品の導入も場合によっては必須なのでしょう。

山の中の一軒家ならともかく、少ないとはいえご近所もある中で暮らしている我が家。

エネルギーの有効利用にばかりに目がいって、肝心の近隣への配慮が欠落していたことには、ただただ恥じ入るばかりで反省しなければなりません。

もしそんなお悩みを抱えていらっしゃる方のためにも、その経験者として今後、こちらの製品の使用報告なども随時発信していくつもりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 -建築について思うことつれづれ

  関連記事

自然素材を相手にするということ

建前も一段落し、板金屋さんが屋根工事中。 ようやく雨漏りの心配もなくなり、一安心 …

改修工事に学ぶ

「どうも床がフワフワする」という相談を受け、先日来、浴室の改修工事に入っています …

高気密をあなどると・・・

先日お引渡した現場。 実は当初のプランにはなかった薪ストーブが途中から設計変更で …

どちらがわかりずらい?

  先日の新聞記事。 確かに学校では習わぬ「尺」単位。 ですが多くの人 …

建材の寿命

浴室改修工事に入っている現場では、土台の交換のため床下にもぐることになりました。 …

思うこと

  今回の台風そして立て続けの北海道での地震の被害に遭われた方にあらた …

住んで暮らしてはじめてわかること

初めて暮らす住宅の冬ですが、やはり良い事ばかりではありません。 今までの、外気と …

まずは見ることから

三時のお茶すぎ、一日の仕事も終盤にかかり始めた頃現場に可愛いお客さんがやってきま …

完成見学会雑感

近所で県内でも有数の木造住宅着工件数を誇る会社の住宅完成見学会があり、それに出か …

結い

友人の大工の建前の応援に、一週間ほど安曇野市豊科まで通っていました。 連日の猛暑 …

PAGE TOP