独りよがりではいけない

     2016/09/16

notes14
今、手掛けている工事は近所に住む一人暮らしのおばあちゃんの家の手直し(ムラの中にはそういったお年寄りが沢山います)。

蔵と住宅がくっついた構造だったのですが、その境目から雨漏りがあり、蔵は倒壊寸前。
とにかく住宅までその影響が及ばぬよう、取り壊しを選択しました。

さて残された住宅部分。
屋根のケラバ(妻壁方向の軒先)は無く、壁も外壁は無く室内側の壁のみ。
板壁や漆喰壁とすれば元々の住宅ともマッチし見映えのするものになるとは思いましたが、
おばあちゃんの要望は「なにしろ私が達者なうちだけもってくれればいい」のひと言。
色々検討してみましたが、結局、壁は板金サイディングを選択ということになりました。

ムラの中の建物を見まわしてみても、今は様々な素材が使われています。
私の借りている家は、稼業が左官のためか、いわゆる新建材といったものはほとんどなく、土壁や板、木製建具のみの外装です(私が中古のアルミサッシを取り付けましたが)。
しかし、同年代のほとんどの古い家は改修時に、当時流行っていたともわれるサイディング材やアルミサッシなどによって張りくるめられています。
もし、それを以前のような素材に戻してやれば、それは見映えのするものになるのでしょうが、それには莫大な費用がかかることも必至です。
おばあちゃんの家もその典型でした。

この先そう長くは使われないであろう建物に必要以上のお金をかけることなどとても提案できるはずもありません。
それより、そこそこ快適に過ごせる家ができるかぎり安価で手にすることができた方が、おばあちゃんにとっても幸せに違いありません。

いわゆる自然素材や環境に負荷をかけない素材を否定するつもりはありません。予算のなかで許されるのであれば、できる限り使いたいと考えています。
しかし、何がなんでもそうでなければならないかとも決して思えません。
日々の暮らしの中で、もし余裕があれば、そういった選択枝もある。
その程度に考えています。

それより、よそからやってきた自分にこうして頼んでくれる、それだけでもう十分で、職人としてやりがいを感ずる大切な仕事のひとつなのです。

 -建築について思うことつれづれ

  関連記事

結い

友人の大工の建前の応援に、一週間ほど安曇野市豊科まで通っていました。 連日の猛暑 …

手刻みへのこだわり

現在、木造住宅のその構造部分(柱や梁といった根幹をなす部分)は、コンピュータ制御 …

労働の結晶

現場の方は外周りの板壁や塗り壁の部分は終わり、現在内部の床を張り始めています。 …

丸太仕事

木というのは、すべて素直にまっすぐ育っていてくれる訳ではなく、その立地条件によっ …

数値をとるか感覚をとるか

ここのところの寒波はこの冬一番の冷え込みをもたらしているようです。 我が家の外の …

住んで暮らしてはじめてわかること

初めて暮らす住宅の冬ですが、やはり良い事ばかりではありません。 今までの、外気と …

住宅版エコポイントに怒る

住宅版エコポイントに関する講習会に参加し、その内容を確認してきました。 要は、省 …

素材選択の大切さ

先日来、築50年以上経った住宅の営繕に入っています。 主な作業内容は、シロアリで …

思うこと

  今回の台風そして立て続けの北海道での地震の被害に遭われた方にあらた …

企業の姿勢

ほぼ毎日、走りのお伴に愛用してきた心拍計測機能のついた時計が動かなくなりました。 …

PAGE TOP