建材の寿命

     2016/09/16

notes22
浴室改修工事に入っている現場では、土台の交換のため床下にもぐることになりました。
築25年の住宅ですが、ちょうどこの頃から、各種の断熱材が入り始めたようです。
こちらのお宅には壁にはグラスウール、床には発泡スチロール系の「ミラフォーム」が使われていました。

どちらもとりあえず形状は維持していましたが、多分性能はだいぶ落ちているだろうと想像させられる劣化状態でした。
グラスウールはともかく、発泡スチロール系のものまでも、表面が粉状になってしまっていっているのには驚きました。
床下でこんな状態なのですから、屋根に使ったものなどの劣化はより深刻でしょう。
果たしてその耐久性を、メーカーはどの程度保証しているものなのでしょうか。

施工性などを考え、これまで同じような建材を使ってきた私ですが、こういった現実をみるとあらためて考え直さざるを得なくなります。

昔から使われている土や木といった素材は、数値だけで見ると確かに現在の建材にはかないません。施工コストもどうしても余分にかかってしまいます。
しかし、長い間の経年変化については、もうすでに検証済みといえるでしょう。
もし住宅を50年100年といったスパンで考えていくとしたら、その性能だけをみてもどこかで逆転することが十分想像できます。
また、それが廃棄物になった時の負荷については言わずものがなでしょう。

巷では超長期住宅が話題になっています。
その省エネ性能などが厳しく審査されるようですが、果たして経年変化まで考慮しているのだろうか。
処分コストまで考えているのだろうか。
実はきわめて目先だけの、経済効果を期待しての政策なのではないだろうか。
そう疑いの目をもって見る必要がどうもあるのではないだろうか。

天の邪鬼な私はそう斜に構えてみています。

写真はこれまた関係なく、先日家の裏に現れたカモシカ。
これにやられると野菜は全滅です。
さて秋野菜の運命はいかに。

 -建築について思うことつれづれ

  関連記事

素材選択の大切さ

先日来、築50年以上経った住宅の営繕に入っています。 主な作業内容は、シロアリで …

煙対策

  我が家の給湯器は薪を燃料とした「ウッドボイラー」。 現場で出る廃材 …

丸太は自由だ

墨付けも佳境に入り、先日より丸太梁の墨に取り掛かりました。 この丸太梁。 何が面 …

住宅版エコポイントに怒る

住宅版エコポイントに関する講習会に参加し、その内容を確認してきました。 要は、省 …

独りよがりではいけない

今、手掛けている工事は近所に住む一人暮らしのおばあちゃんの家の手直し(ムラの中に …

自然素材を相手にするということ

建前も一段落し、板金屋さんが屋根工事中。 ようやく雨漏りの心配もなくなり、一安心 …

どちらがわかりずらい?

  先日の新聞記事。 確かに学校では習わぬ「尺」単位。 ですが多くの人 …

手刻みへのこだわり

現在、木造住宅のその構造部分(柱や梁といった根幹をなす部分)は、コンピュータ制御 …

数値をとるか感覚をとるか

ここのところの寒波はこの冬一番の冷え込みをもたらしているようです。 我が家の外の …

手描きの行く末

「えっいまだに」といわれそうですが、私はまだ手描きで図面をひいています。 CAD …

PAGE TOP