民家改修

  

1-img_1337 現在、高遠町旧三義村の旧い民家の水周り改修工事に入っています。

元の建物はいつ頃建てられたものか不明ですが、柱、梁などは製材ではなくすべて手斧ではつり出していますので、おそらく大正、明治の頃のものだろうとと推測できます。

柱、梁、土台などに栗などを用い、サイズもすべて大きめ(5寸~6寸角以上)ですので上物はしっかりとしているのですが、多くの旧い建物の例に漏れず、基礎部分にあたる土台石の不陸(水平度)が悪く、それによって建物の傾きが大きくなってしまっています。

文化財のような民家の改修でしたら、一度ジャッキアップして、新たに基礎を打ち直すということもできるのでしょうが、そんなことをすれば新築より費用はかかってしまいます。

通常の場合、現況と折り合いをつける形で、普段使いに支障のない範囲で納まりをつけていく工事になります。

今回の場合も10尺(3M)の柱の上と下で最大10cmあまりの傾きが生じていましたので、それをいかに吸収していくかが、工事の核心部分となっています。

現状の躯体はそのままに、新たに建てる部材の下地材として利用し、水平・垂直・矩手を作り出す。

言葉で書いてしまえば簡単なことですが、実際の作業には様々な困難が待ち受けています。

とりあえず使う予定のない壁材などは引き剥がしました。

さて、どこを基準に面をつくりだすか。

知恵を絞り出す作業が続きます。

1-img_1335

 

 

 

 

 

 

 

 

1-img_1356

 

1-img_1348

 

 -仕事, 伊那市 O・F邸

  関連記事

続・寒中仕事

自宅脇の物置の移設作業。 当初は、全体をジャッキアップし、徐々に動かしていくつも …

完成間近

  昨夏に建て始めた現場。 いよいよ完成が近づいてきました。 お施主さ …

冬に備えて

  この時期になると、寒さ対策工事の依頼が多くなります。 なかでも窓ま …

もう少しで・・・

  8月に建前をした現場がいよいよ大詰めになってきました。 今回の現場 …

間に合いました

寒さが本格化する前には・・・とお約束していた水周り(浴室・トイレ・脱衣)のリフォ …

再会

この冬に竣工した伊那市F邸。 こちらのFさんに引き合わせてくれたのが、その土地の …

木に刻まれた歴史

木を製材して削ってみると丸太の状態ではわからなかった様々なものが出てくることがあ …

縁の下の力持ち

  今週末(11/4)に伊那市ますみヶ丘にて「森joy」というイベント …

先が見えてからが長いのです

南流山の家、ようやく先が見えてきました。 昨日の台風に備え、足場のネットも取り外 …

ア・ツ・イ・・・

火曜日に極楽から地獄へ舞い戻ってきました。 現場は朝から陽射しに照らされ、まんま …

PAGE TOP