先人よりバトンを引継ぐ

  

築50年を経た建物ながら、施工した大工さんの丁寧な仕事ぶりが目につきます。

継手はほとんど「追掛け継」。

土台にはクリ。

床下空間は500mmは確保されています。

時折立ち寄る近所の方が「H大工さんの仕事だからね、しっかりしてるよ」と口々におっしゃいます。

たぶんもう現役ではやっておられない方でしょうが、果たして自分は携わった建物が50年後このように評価されるようになるだろうか?

そんな身の引き締まる思いになる今回の現場です。

 -ブログ, 仕事, 伊那市 M邸

  関連記事

縁の下の力持ち

  今週末(11/4)に伊那市ますみヶ丘にて「森joy」というイベント …

壁塗りはセルフで

      大工工事がひとまず終わった伊那市M邸。 旦那さんは家具職人で木の扱い …

思うこと

  今回の台風そして立て続けの北海道での地震の被害に遭われた方にあらた …

謹賀新年

    バタバタの年末も、助っ人の応援もあってなんとか乗り切り穏やかな新年を迎え …

まな板の上のコイ

  伊那市F様邸。 明日から始まる建て方に備え、準備は整いました。 もう何があっ …

とうとう

  昨日の冷たい雨は、山では雪。 季節は着実に進んでいて、同時にそれは「寒くなる …

ますみクロスカントリー

      伊那市ますみヶ丘で開催されたクロスカン …

なかなか程々にとはいかないもので・・・

ここのところ、現場、プランニング、見積と仕事が重なってしまい、一日をいくつにも区 …

この年末に来て・・・

  もうなんともお手上げ状態です。 作業場の屋根が27日の強風で吹き飛んでしまい …

年に一度の

  お盆はおとなしく自宅で事務作業に徹しておりましたので、皆が始動する …

PAGE TOP