先人よりバトンを引継ぐ

  

築50年を経た建物ながら、施工した大工さんの丁寧な仕事ぶりが目につきます。

継手はほとんど「追掛け継」。

土台にはクリ。

床下空間は500mmは確保されています。

時折立ち寄る近所の方が「H大工さんの仕事だからね、しっかりしてるよ」と口々におっしゃいます。

たぶんもう現役ではやっておられない方でしょうが、果たして自分は携わった建物が50年後このように評価されるようになるだろうか?

そんな身の引き締まる思いになる今回の現場です。

 -ブログ, 仕事, 伊那市 M邸

  関連記事

もう少しで・・・

  8月に建前をした現場がいよいよ大詰めになってきました。 今回の現場 …

仕事は佳境

  千葉・南流山の工事が進んでいます。 墨付け・刻みの方は現在3~4割 …

続々・格闘中

相変わらず同い年の建物と格闘しています。 やはり屋根周り、特に水下側に当たる部分 …

30年来の付き合い

  大工を始めた当初、友人より譲ってもらった追入鑿との付き合いも、はや …

車入れ替え

自家用に使っていた乗用車でカミさんが接触事故を起こしてしまいました。 幸い双方に …

謹賀新年

    バタバタの年末も、助っ人の応援もあってなんとか乗り切り穏やかな新年を迎え …

再会

この冬に竣工した伊那市F邸。 こちらのFさんに引き合わせてくれたのが、その土地の …

泣いても笑ってもあと7日

  長野マラソンが来週に迫ってきました。 この時期にいつも思うことは、 …

no image
お気をつけあれ

どうやらネット詐欺なるものにひっかかってしまいました。 現場で使用する予定の材料 …

階段刻み

    現場は床を貼り終え内部造作が進んできました。 現在は …

PAGE TOP