木工事始動

     2018/07/12

 

 

今年中に完成お約束の伊那市Fさん邸の木工事が始まりました。

その地に生えていた、赤松、ヒノキ、クリなども使う「地産地消」の建物になります。

先日はFさんご夫妻自身に使用予定のヒノキ丸太を磨いてもらいました。

 

 

 

お施主さんの思い入れのあるこれらの素材をいかに使っていくか・・・

身の引き締まる思いですが、とてもやりがいのある仕事でもあります。

 

 

 

 -ブログ, 仕事, 伊那市F邸,

  関連記事

再会

この冬に竣工した伊那市F邸。 こちらのFさんに引き合わせてくれたのが、その土地の …

なんとか納まり

取り掛かって1週間。 ほぼ納まりました。 これで2階への上り下りも楽になります。 …

ギリギリで

寒くなる前までには・・・の約束は守れませんでしたが、なんとか年内の入居はかないそ …

ホッと一息

建前後の作業(屋根まとめ、耐力壁等)も一段落し、次の作業にむけての材料作成のため …

年に一度の

  お盆はおとなしく自宅で事務作業に徹しておりましたので、皆が始動する …

建方開始

建方が始まりました。 場所などの制約もあり、今回はクレーンを頼まず、すべて手上げ …

木に刻まれた歴史

木を製材して削ってみると丸太の状態ではわからなかった様々なものが出てくることがあ …

同い年

今度の現場はちょうど私と同い年の昭和39~40年頃築造の街中にある店舗。元々、学 …

春の香りは良いけれど・・・

  春になって街角より様々な香りが漂いはじめました。 ジョギング中に嗅 …

写真撮影

  ようやく引渡し前の写真撮影。 お見合い?結婚記念?なみにちょっと気合を入れ、 …

PAGE TOP