木工事始動

     2018/07/12

 

 

今年中に完成お約束の伊那市Fさん邸の木工事が始まりました。

その地に生えていた、赤松、ヒノキ、クリなども使う「地産地消」の建物になります。

先日はFさんご夫妻自身に使用予定のヒノキ丸太を磨いてもらいました。

 

 

 

お施主さんの思い入れのあるこれらの素材をいかに使っていくか・・・

身の引き締まる思いですが、とてもやりがいのある仕事でもあります。

 

 

 

 -ブログ, 仕事, 伊那市F邸,

  関連記事

先人よりバトンを引継ぐ

築50年を経た建物ながら、施工した大工さんの丁寧な仕事ぶりが目につきます。 継手 …

この年末に来て・・・

  もうなんともお手上げ状態です。 作業場の屋根が27日の強風で吹き飛んでしまい …

寒中仕事

大寒は過ぎたもののまだまだ寒中。 こんな時に・・・ととっておいた(?)自宅物置の …

ジッと我慢

久し振りの晴天だというのに、事務所に籠ってプランニング作業の一日。 ようやく大凡 …

スマホ不調再び

昨年 熱暴走してしまった我がスマホ(富士通 Arrows M02)。 今年も全く …

お盆も終わり・・・

  お盆までには・・・ お盆には・・・ ひとつの目標にしてきた時がすぎてしまいま …

先が見えてからが長いのです

南流山の家、ようやく先が見えてきました。 昨日の台風に備え、足場のネットも取り外 …

経過報告

4月から取り掛かっている街場のリフォーム現場。 昨日でとりあえず木工事は完了。 …

運搬開始

建前材の準備が終わり今週日曜日に千葉までその材料を運搬してきました。 普段乗り慣 …

もう少しで・・・

  8月に建前をした現場がいよいよ大詰めになってきました。 今回の現場 …

PAGE TOP