年に一度の

     2018/11/17

 

お盆はおとなしく自宅で事務作業に徹しておりましたので、皆が始動する8/20(月)に恒例のM川源流域の偵察(?)に行ってきました。

メンバーはいつもの次男と三男。

帰省している間は夜更かしが続いている二人ですので朝3時起床は辛そうでしたが、そこは目的が目的。

一声で起きてきたのは、やはり同じDNAを保持している者同士だからでしょうか。

 

 

いつもどおり旧長谷村杉島まで車で入り、そこから自転車になります。

 

 

 

この林道は昭和34年まで走っていた「浦森林鉄道」の軌道跡を利用した箇所も多数有り、現在もその遺構の数々が散見できます。

一番上の写真は5月にその確認に行った際、発見できなかったアーチ橋。

今回はしっかりと確認することができました。

 

 

 

ただ今年はたぶん7月に降った大雨の影響で林道各所で土砂崩れが起きており、車は作業用車両も通行不能(バイクも厳しい)。

自転車か徒歩のみが唯一の交通手段とあって、この夏、人の往来はだいぶ少なくなっている印象を受けました(踏み跡、タイヤ跡)。

 

 

さて今回の主目的はイワナの調査(釣査?)。

まずはチョッと探りをいれたところ三男にヒット。

上写真は逃げ込まれてしまった獲物をどうやって引っ張りあげようかと、こちらに半分助けを求めている不安げな表情の彼。

なんとか無事このサイズをゲット。

その後・・・

 

まあ順調にいいサイズをゲットし納竿。

 

最後は帰宅後、簡易に燻したあと炭焼きに。

 

 

こうしてやると頭からシッポまで余すことなく食べきることができます。

 

実は県内でもこうした源流域に生息する「ヤマトイワナ」の数が減っているとの報告もあり、こうして持ち帰って来ることに否定的な意見もあります。

が、ここ数年同じ流域を調査(?)している様子では、その数はけっして減ってはおらず、ある一定数は保持されている印象。

ですので、我々が年に一度数匹持ち帰って来ることによる影響は少ないと解釈し、こうして余すことなくいただくことによって、その恵みに感謝している次第。

また来年無事彼らに出会えますように。

 

 

 

 

 

 

 -ブログ, 魚捕り

  関連記事

どちらがわかりずらい?

  先日の新聞記事。 確かに学校では習わぬ「尺」単位。 ですが多くの人 …

続々・格闘中

相変わらず同い年の建物と格闘しています。 やはり屋根周り、特に水下側に当たる部分 …

夏休みを取り戻しに

この夏は仕事に追われなかなか遊びに行けませんでした。 それでもこれだけは、と、や …

no image
お気をつけあれ

どうやらネット詐欺なるものにひっかかってしまいました。 現場で使用する予定の材料 …

春の香りは良いけれど・・・

  春になって街角より様々な香りが漂いはじめました。 ジョギング中に嗅 …

極楽 ご・く・ら・く

この連休は伊那に戻って材料加工の日々。 暦にかまわず作業場に詰める毎日ですが、そ …

おんたけ湖ハーフ

    台風が近づき開催が危ぶまれていた「おんたけ湖ハーフマ …

大好物

はっきりとしない梅雨空が続くこの時期ですが、小さな時から楽しみにしているものがあ …

あと少し

  昨年の秋口にお話頂いた 伊那市F邸の刻みもいよいよ大詰め。 今週中 …

西箕輪高原マラソン

  連休初日、地元公民館主催の「西箕輪高原マラソン」(6km)に出場し …

PAGE TOP