迷いながらも

  

 

現在施工中の伊那市F様邸。

天井断熱および天井板張りに取り掛かっています。

今回の断熱は50mm厚の発泡ポリスチレン系(商品名:スタイロエース)と120mm厚のポリエステル綿(商品名:パーフェクトバリア)を併用する念入りなものなのですが、この断熱材と天井板の間にはさらに気密・防湿のために0.15mm厚のポリエチレンシートが貼られています。

これは天井面だけでなく壁も同様に処理します、つまり建物の室内側はスッポリとポリエチレンシートで覆われていることになります。

現在の高気密・高断熱を謳った住宅であれば、至極当たり前の仕様なのですが、これまで土壁や無垢板を主材料として扱ってきた私にはとても抵抗のあるものでした。

息苦しくはなりはしないか・・・むしろ結露を引き起こすのではない・・・等など。

 

しかし数年前に施工した住宅で屋根面結露が発生し、その対策に頭を悩ませた経験から、中途半端な仕様はむしろ逆効果ではないかとの思いに至っています。

 

最近施工している住宅のそのほとんどに薪ストーブが入っており、冬季でも室温は30°C(天井面付近)近く。

外気温は-10℃以下になりますのでその温度差は40℃。

ここに室内側から水蒸気が供給されれば・・・結露の条件はすべて揃ってしまいます。

 

昔ながらに暖房はコタツのみ、天井は室外と同温度に冷やされ、風も吹き抜ける(私が17年間暮らした民家がそれでした)、であればそんな心配はいらないのでしょうが、現実的にそんな依頼は皆無です。

 

無垢板の裏にビニールシートか・・・そんな光景に違和感を抱きつつも、中途半端な勘だけに頼って、結露を引き起こすような欠陥住宅をつくりだすわけにはいかず、現状ベストと思われる方法を探る日々が続きます。

 

 

 

 

 -ブログ, 仕事, 伊那市F邸

  関連記事

イーナちゃん駅伝

伊那市の市民駅伝「イーナちゃん駅伝カーニバル」に出場してきました。 市内各地区よ …

最後の仕上げ

4月に建方をした現場。 最後の仕上げの、造り付けカウンターなどの造作を残すのみと …

伊那市F邸

カメラマンに撮っていただいた写真ができあがってきました。 外内壁すべて塗り壁はセ …

助走開始

  設計がまとまり、建築確認申請もおりるメドがほぼつきましたので、次の …

謹賀新年

      ようやく今年の年賀状ができあがりました …

墨つけ開始

  次の現場が動きだしました。 今回も築50年を超える住宅で、もし全面的な耐震改 …

こころ踊らせて

土曜深夜(早朝)のSA。 行楽地や故郷に帰省するとおぼしき車が多く停まっています …

木工事完了

  伊那市F様邸 なんとかお約束の年内木工事完成間に合いました(ホント …

no image
納得

  我が家にある車は皆、いわゆる「4」ナンバーの貨物車。 主に仕事で使 …

おんたけ湖ハーフ

    台風が近づき開催が危ぶまれていた「おんたけ湖ハーフマ …

PAGE TOP