建築工房 富澤

ブログ

伐根

  カテゴリー:伊那市 事務所兼自宅  タグ:


以前、ナラの大木を伐採したと報告しました。

いよいよ基礎工事が始まることになり、支障となるものを片付け出し始めたのですが、最大の難敵がその残存根です。

地上に出ている部分は、見た目の迫力はありますが、いざとなればものの5分もあれば倒れてしまいます。片付けも含め、小一時間でなからになってしまいました。

が、地下の根となるとそうは問屋がおろしません。
小さなものなら重機でゴイッと引っ張れば出てきてくれますが、
地上30mもある広葉樹のそれとなると、とてもそんな訳にはいきません。

色々検討してみましたが、結局、まわりの土を除け、徐々に根を切断しながら切り離す、地道な方法ですが、これがベストだろうと昨日から基礎工事を担当してくださる方が始めています。しかし、まだ掘り出せていません。

実生(植林ではないという意)で育った樹木の根をこぐのは容易ではないゾ、と先輩諸氏におどされてきましたが、まさにそのとおり。

たしかにあれだけの体を60余年維持してきた根なのですから当たり前といえばあたりまえですが、それにしてもよく成長したものです。
あらためて自然の生命力の偉大さに感心いたしました。

さて今日にはなんとかなるでしょうか・・・・

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

伐根 大工を生業として25年。趣味の長距離走、渓流魚との戯れなど日々の思いを綴ってみます。

Copyright©建築工房 富澤,2009 All Rights Reserved.