建築工房 富澤

ブログ

金環日食

  カテゴリー:自然観察  タグ:


見えましたねぇ金環日食。

欠け始めから1時間。
これを待つ時間といい、実際に金環食になっている時間がたった3分間というその希少さ(?)加減がまた絶妙で、飽くることなく天体ショーを楽しむことができました。

レンズフィルターなどの機材を揃える事ができなかったため、直接太陽を撮影することはできませんでしたが、話に聞いていた木漏れ日に映るリング状の太陽がこんなに幻想的だとは今回初めて知りました。

次回当地付近で観察できるのは100年以上先ですか・・・
この貴重さがいいのでしょうが・・・
フィルター買っておけばよかったなあ・・・

これまでのコメント

  • 伊那の大工(管理人) より:

    Unknown
    いやいや私は何故かわかりませんが興奮しましたよ。
    金環になる瞬間などマラソンのスタート前のようにドキドキしましたもの(ちょっと違うか)。

    周りにいる皆がこの貴重な出来事を共有しているという連帯感がそうさせたのでしょうか、
    今までバカにしていた日食ハンターなる人々の気持ちがよくわかりました。

    2030年北海道で見られるという金環食も見に行ってしまおうかなあ・・・
    65歳になっているのかその頃は・・・

  • 2馬力の釣り師 より:

    Unknown
    当地では曇りでしたが、何とか見えました。

    曇りなので地面に影はできなくて、棚ずれ品で200円で買った溶接用の遮光眼鏡で見ました。

    直接観察は自分の目で見たという満足感はあるものの、月より小さい太陽がひとつしか見られません。こんになきれいな影がたくさん見られるのなら、こっちの方がずっと良いです。

    皆既日食を見た時も感じましたが、日食なんて月の満ち欠けと同じ事があっという間に起こっているだけなので、どこでも何度でも見られて、きれいで大きい月の満欠けの方が、よっぽど見ていて楽しいと思いました。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

金環日食 大工を生業として25年。趣味の長距離走、渓流魚との戯れなど日々の思いを綴ってみます。

Copyright©建築工房 富澤,2012 All Rights Reserved.