建築工房 富澤

ブログ

本当に欲しかったのは誰?

  カテゴリー:日記  タグ:


長男が自動二輪の免許が取りたいと言い出し、ならば練習用にクラッチ付の原付が必要だということになり、ネットオークションにて探し出したのがこれ。

ヤマハのYB-1というビジネスバイクながら、そのクラシカルなスタイルが逆に若者の人気を集めたモデルです。

実際乗ってみるとエンジン音など「メイト」(同じエンジンだから当たり前か!)そのもの。
ロータリー式ミッションに慣れていないせいか戸惑うことは多いものの、低速域での粘り強さはさすがビジネスモデル。
2ストというとピーキーな高回転モデルしか知らなかった私にはとても新鮮に映ります。

ところで自動二輪の練習のために購入したバイクがロータリー式ミッションで果たして良いの?
実はお父さんが欲しかったんじゃないの・・・?
そんなカミさんの声は聞かぬことにして、しばらくこいつは我が家に居候させることにいたしましょう。

これまでのコメント

  • 伊那の大工(管理人) より:

    Unknown
    変に飾り立てもしていないが、少しばかりオシャレ・・・そのバランスがいいモデル。いいだろー。
    だけど先日長男の元へ行ってしまったんだよ(涙)。
    まあ自動二輪を乗るようになれば戻ってくるだろうから、それまでの辛抱だ。

  • お答えしよう
    >自動二輪の練習のために購入したバイクがロータリー式ミッションで果たして良いの?
    うん、あんまり良くはないよね。無意味じゃないけど。

    >実はお父さんが欲しかったんじゃないの・・・?
    そのお通りでございます。

    YB-1の最終付近? ずいぶんとオシャレな仕様だねえ。
    小さいシングルシートと大型リヤキャリアもあると良いね。

    2ストのオーソドックスなデザインのバイクねえ。良いなあ。
    ヤベっ、欲しくなってきた。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

本当に欲しかったのは誰? 大工を生業として25年。趣味の長距離走、渓流魚との戯れなど日々の思いを綴ってみます。

Copyright©建築工房 富澤,2014 All Rights Reserved.